京都アニメーション火災の放火犯人は重体「パクりやがって」の恨み - まるまる録

事件

京都アニメーション火災の放火犯人は重体「パクりやがって」の恨み

更新日:

「京都アニメーション」の火災で33人が亡くなったニュース、犯人と思われる男がガソリンのような液体を撒いたのち、放火したことによるものです。

犯人の41歳男性は身柄を確保されたものの、火傷により意識不明の重体で事情聴取ができない状態となっています。

スポンサーリンク

京都アニメーション放火で33人が亡くなる

18日午前10時35分ごろ、京都市伏見区桃山町因幡のアニメ制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオから出火し、鉄筋コンクリート造り3階建ての建物の大半が焼けました。

当時は75人ほどが建物内で仕事をしており、そのうち、33人が死亡のほか36人が病院に運ばれ、うち17人は入院中で意識不明の人もいるということです。

火災の原因は放火

火災になった原因は、放火と思われ、41歳の男性が、40リットルのガソリンをもって建物内に侵入。

男が「死ね」と叫びながらビルに入ってきたことを、複数のスタジオ関係者が目撃しています。

ガソリンをまいてその後すぐに、火をつけたということです。

この男性は、その後逃走、京アニの従業員が後を追いかけ、路上で倒れているところを逮捕されました。

上半身や手足にやけどを負っており、その時既に動ける状態ではなかったようです。

荷物からは、包丁が複数入っていることが確認されました。

京アニに放火した犯人の動機は

路上に倒れている犯人を、近所の人は、火災から避難してきた人だと思い、ジーパンのズボンもまだ燃えている状態であり、火がついている服の手足に水をかけるなどして介抱したそうです。

その時、介抱した住民によると、「お腹の辺りにも刺青があって普通の人ではないように見えた」ということでした。

しかし、その後警察がかけつけ、「なぜこんなことをしたんだ」との警官の問いに、「1階で液体をまいて火をつけた」動機については、「パクりやがって」と答えたということです。

「小説を盗んだから」と供述

また、その後の報道では「小説を盗んだから放火した」と供述したということです。

京都アニメーションとは

京都アニメーションは京都府宇治市に本社を置く1981年創業のアニメ制作会社。

「京アニ」の愛称で知られ、「けいおん!」「涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」「響け!ユーフォニアム」などの作品を制作。

映画化されたものも多く、作品の舞台を訪問する「聖地巡礼」なる言葉も生まれました。

「京アニクオリティー」世界にファン

京都アニメーションは、描き込みの多い丁寧な作画が持ち味で、「京アニクオリティー」という言葉が生まれるほど国内外にファンが多いということです。

今でも35万件の応援のコメントが、世界中から届いています。頑張って再起していただきたいです。

なぜ建物内に入れたか

いつもは防犯のためにカードキーなどを使って、外から容易に建物内に葉は入れないことになっているそうですが、その日はたまたま来客の予定があり、鍵が開いていて、誰でも出入りできる状態でした。

亡くなった人の多くはらせん階段で

通常の火災と違い、ガソリンは気化するために、空気中に可燃性の物体が充満している状態になり、炎がすぐに燃え広がります。

そして、吹き抜けのらせん階段は空間が大きく、煙突と同じであるため、炎と煙があっという間に上に駆け上るということです。

また、煙には一酸化炭素が含まれるため、それを吸うと危険な状態となり、多くはそれが死亡原因であったようです。

危ぶまれるアニメーション制作

アニメのクオリティーが高い京都アニメーションですが、建物内に居た製作スタッフの半数近くが亡くなってしまい、今後の制作がすぐ再開できるかどうかわかりません。

アニメ制作を存続させてほしいと、世界中から応援コメントが届いています。頑張っていただきたいものです。

同時に、現在はは重体の犯人の聴取が待たれます。

tankakanren

-事件
-

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.