地方銀行どうしの合併に待ったをかけたのは?【ニュース検定】答えと解説池上彰 - まるまる録

ニュース検定

地方銀行どうしの合併に待ったをかけたのは?【ニュース検定】答えと解説池上彰

投稿日:

ニュース検定の答えと池上彰の解説をリアルタイムでお知らせします。
ニュース検定の時間は、7時50分頃。テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」で放送です。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

今日の問題と答えです。池上彰さんの解説も追記します。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは   人口減と経営統合 

 

ニュース検定の問題

 

*問題*

地方銀行どうしの合併に待ったをかけたのは?

    日本銀行

    金融庁

 緑   公正取引委員会

 

ニュース検定の答え

答えは  緑   公正取引委員会

 

池上彰の解説

 

十八銀行と親和銀行が4月に経営統合しました。

親和銀行は福岡ファイナンシャルグループ傘下の銀行です。

二つの銀行の統合を進めたのが金融庁でしたが、公正取引委員会は長崎県内でのシェアが大きくなるということで、合併に難色を示しました。

結局2年後に経営統合が実現しましたが、公正取引委員会があまりに厳しいと、その間に経営が息詰まるという批判が出ました。

 

 

10年後には地方銀行の6割が赤字になるとの試算をしています。地方銀行が破綻すると地域のダメージが大きくなります。

政府は減少が減少する地域でのサービスを維持したいとの考えですが、バス会社など、既存の企業の保護につながるとの考え方もあるのです。

 

それではまた明日!

・「ことば検定」と「お天気検定」過去問はこちらから
ことば検定  お天気検定

・前回のニュース検定
消費税を初めて導入した総理は?【ニュース検定】答えと解説池上彰

 

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.