なぜプリンは3個で売っている?「チコちゃんに叱られる」 - まるまる録

テレビ番組

なぜプリンは3個で売っている?「チコちゃんに叱られる」

投稿日:

 

「チコちゃんに叱られる」に「なぜプリンは3個で売っている?」の質問がありました。

確かにプリンは3個一連パックになっていますよね。これまで当たり前だと思っていましたが、これはどうしてなんだろう。

チコちゃんと一緒に聞いてみよう!

スポンサーリンク

なぜプリンは3個で売っている?

 

「なぜプリンは3個で売っている?」

それに対するチコちゃんの答えはというと、「お父さんが食べないから」。

ええっ、お父さんはプリンを食べないの? とびっくりすると、それは今のお父さんではなくて、昔のお父さんのことでした。

プリンの歴史をたどってみよう!

プリンが誕生したのは1970年

 

カップで売られるプリンが誕生したのは1970年代。

それまではプリンは家庭で作って食べるものでしたが、この頃から、「レディ・トゥ・イート (ready to eat)」=すぐに食べられるものが求められた時代だというのです。

高度経済成長期、お父さんを含めた男性陣が、軒並みモーレツ社員であった社会情勢を背景に、手間をかけずに食べられる、ファストフード、カップ麺などが開発されました。

1971年に初めて1個売りのプリンが発売されました。

プリンは”子どものおやつ”

 

当時の家族構成は、夫婦2人と子供2人の4人家族が一般的でした。

そして、昼間はお父さんが働いていていないので、おやつの時間にお母さんと子供2人で食べたため、3個パックになったそうです。

さらに、当時は、プリンは子供のおやつであり、大人のお父さんが食べるというイメージがあまりありませんでした。

3個入りプリンの誕生!1976年

 

そこで、1976年頃から、父親を除いた母子3人分として定着し、時代が変わった今でも3個売りが続いているのだそうです。

 

他のセット売り食品

ちなみに他のセット売りの食品についていえば、、

ヨーグルトは4個入り

   

プリンと違い家族で食べるものなので、4人家族用に、4個セット

納豆は3個パック

家族世帯や単身者が、賞味期限までに食べきれる3個になった

ウインナーは2袋

ウインナーの場合は、鮮度が保てる限度が2袋。

さらに、使いきりサイズの方がお得感が出る

焼きそばは3人前

 

平均的なフライパンのサイズ、直径26センチが焼きそば3人前の調理に適した大きさであるため

 

プリンが3個で売っているのは、意外にも「お父さんが食べないから」という答えでした。

それにしても、高度成長期の頃に定まった数が3つ、というその背景がおもしろかったですね。

それでは、チコちゃん、また来週もよろしくね!

tankakanren

-テレビ番組
-

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.