「植物学の日」植物学の父牧野富太郎が妻の名で命名したスエコザサ - まるまる録

ニュース

「植物学の日」植物学の父牧野富太郎が妻の名で命名したスエコザサ

投稿日:

今日4月24日は「植物学の日」。
植物学の父と言われた、牧野富太郎博士が生まれた日です。その牧野博士が妻の名から命名した植物があります。

牧野博士と妻の命名のエピソードをご紹介します。

スポンサーリンク

牧野富太郎「植物学の日」

牧野富太郎博士の誕生日にちなみ、今日4月24日は「植物学の日」と制定されました。

 

牧野富太郎博士が「植物学の父」となるまで

1862(文久2)年、植物分類学者の牧野富太郎が高知県佐川町の豪商の家に生まれました。

94歳でこの世を去るまでの生涯を植物研究に費やし、新種・変種約2,500種以上を発見・命名し、「植物学の父」と呼ばれるまでになりました。

・命名は2500種以上(新種1000、新変種1500)

・新種発見も600種

牧野博士の学歴は小学校中退

学歴ということでいえば、小学校中退であったと、朝のニュース番組「グッドモーニング」で林修先生が述べていました。

造り酒屋の跡取りだったので、小学校などで学業を修め、学問で身を立てることは全く考えていなかったからであったようです。

自ら「草木の精」と名乗った牧野博士

幼い頃から 植物 の研究に没頭してその分野が大好きだったことから、自分のことを「草木の精」と名乗っていたそうです。

 

「スエコザサ」の妻のエピソード

[[File:Sueko-zasa 2013-11-24.JPG|thumb|Sueko-zasa 2013-11-24]]

そんな、牧野博士が、2,500種以上の植物の中に、唯一、妻の名前を付けた草があります。

牧野博士は昭和2年に、医学博士の学位を受けました。

ところが、その翌年、突然、牧野博士を不幸が襲います。

研究一筋、お金儲けには興味がなく常に苦しかった牧野家の家計を守り続けてくれた最愛の妻が、54歳の若さで亡くなったのです。

その妻の名前は「寿衛子」(すえ)こ。

研究に私情を挟まない博士が、唯一自らの思いを託したのが、妻の名を取って命名した「スエコザサ」です。

風に吹かれる笹の葉ずれの音に、妻を偲ぶ・・・「植物学の父」の牧野博士にも、そのような一面があったのですね。

 

tankakanren

-ニュース

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.