万葉集「梅花の歌」32首と新元号「令和」の由来の序文 - まるまる録

ニュース

万葉集「梅花の歌」32首と新元号「令和」の由来の序文

投稿日:

こんにちは。まるです。
新元号が「令和」に決まりました。出典は万葉集の第5巻「梅花の歌」の序文だそうです。
万葉集の「令和」のある序文の部分と「梅花の歌三十二首」をご紹介します。

スポンサーリンク


新元号「令和」の由来は万葉集の序文

新元号「令和」は万葉集巻五、梅花の歌三十二首の序文、

「初春の令月にして気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭(らん)は珮(はい)後の香を薫らす」

から取られたものです。

月にして気淑く風ぎ」

その最初の

月にして気淑く風ぎ」

のところを、一文字ずつ取って「令和」としたわけですが、その部分の意味は、

「初春正月の良い月で、風は穏やかである」

ということになります。

序文の「梅」の部分

次の

梅は鏡前(きょうぜん)の粉を披(ひら)き、蘭(らん)は珮(はい)後の香を薫らす

の意味は、

梅は鏡の前のおしろいのように白く咲き、蘭は匂い袋のように香っている。

ということになります。

「令和」は文学的な元号

万葉集というのは、古代の歌の本、「詩の本」ですので、今回の元号の「令和」は、文学的でもあり、美しい言葉と言えるでしょう。

 

梅花の歌32首

上の「令和」を含む部分は、ここから先の梅の花を詠んだ短歌32首の序文の部分です。

続く梅の短歌32首は次のようなものです。

32首全部というのは、かなり数多いので、その中で代表的なものを選ぶとすると

「 春の野に霧立ちわたり降る雪と人の見るまで梅の花散る」839

(春の野に一面に霧が立って、雪が降るのかと、人が見るほどに梅の花が散る)

他には、序文の作者とも言われる、大伴旅人の

我が園に梅の花散るひさかたの天より雪の流れ来るかも 」822

(私の園に梅の花が散る。天から雪が流れてくるのだろうか)

をあげておきます。

梅花の歌の恋愛の短歌 相聞歌

相聞歌、すなわち恋愛に関連する歌なら

「春なればうべも咲きたる梅の花君を思ふと夜寐(よい)も寝なくに」 831

(春なので道理で咲いた梅の花よ あなたを思うと夜も眠れないことだ)

というものや、

鴬の待ちかてにせし梅が花散らずありこそ思ふ子がため」845

(うぐいすが待ちかねていた梅の花よ 散らずにあってくれ。愛するあの子のために)

などというものも含まれています。

梅の短歌32首

ここから、「梅花の歌32首」です。

作者名と現代語訳付きは、こちらの記事にあります。
万葉集の梅の短歌・和歌 新元号「令和」の由来と「梅花の歌」32首

 

0815: 正月立ち春の来らばかくしこそ梅を招きつつ楽しき終へめ

0816: 梅の花今咲けるごと散り過ぎず我が家の園にありこせぬかも

0817: 梅の花咲きたる園の青柳は蘰にすべくなりにけらずや

0818: 春さればまづ咲くやどの梅の花独り見つつや春日暮らさむ

0819: 世の中は恋繁しゑやかくしあらば梅の花にもならましものを

0820: 梅の花今盛りなり思ふどちかざしにしてな今盛りなり

0821: 青柳梅との花を折りかざし飲みての後は散りぬともよし

0822: 我が園に梅の花散るひさかたの天より雪の流れ来るかも

0823: 梅の花散らくはいづくしかすがにこの城の山に雪は降りつつ

0824: 梅の花散らまく惜しみ我が園の竹の林に鴬鳴くも

0825: 梅の花咲きたる園の青柳を蘰にしつつ遊び暮らさな

0826: うち靡く春の柳と我がやどの梅の花とをいかにか分かむ

0827: 春されば木末隠りて鴬ぞ鳴きて去ぬなる梅が下枝に

0828: 人ごとに折りかざしつつ遊べどもいやめづらしき梅の花かも

0829: 梅の花咲きて散りなば桜花継ぎて咲くべくなりにてあらずや

0830: 万代に年は来経とも梅の花絶ゆることなく咲きわたるべし

0831: 春なればうべも咲きたる梅の花君を思ふと夜寐も寝なくに

0832: 梅の花折りてかざせる諸人は今日の間は楽しくあるべし

0833: 年のはに春の来らばかくしこそ梅をかざして楽しく飲まめ

0834: 梅の花今盛りなり百鳥の声の恋しき春来るらし

0835: 春さらば逢はむと思ひし梅の花今日の遊びに相見つるかも

0836: 梅の花手折りかざして遊べども飽き足らぬ日は今日にしありけり

0837: 春の野に鳴くや鴬なつけむと我が家の園に梅が花咲く

0838: 梅の花散り乱ひたる岡びには鴬鳴くも春かたまけて

0839: 春の野に霧立ちわたり降る雪と人の見るまで梅の花散る

0840: 春柳かづらに折りし梅の花誰れか浮かべし酒坏の上に

0841: 鴬の音聞くなへに梅の花我家の園に咲きて散る見ゆ

0842: 我がやどの梅の下枝に遊びつつ鴬鳴くも散らまく惜しみ

0843: 梅の花折りかざしつつ諸人の遊ぶを見れば都しぞ思ふ

0844: 妹が家に雪かも降ると見るまでにここだもまがふ梅の花かも

0845: 鴬の待ちかてにせし梅が花散らずありこそ思ふ子がため

0846: 霞立つ長き春日をかざせれどいやなつかしき梅の花かも

終りに

新しい元号の「令和」、梅の花のように、豊かで平和な良き時代が長く続きますように。

-ニュース

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.