【ことば検定】小説がきっかけで、新たな意味が生まれた言葉は? グッドモーニング林修 - まるまる録

ことば検定

【ことば検定】小説がきっかけで、新たな意味が生まれた言葉は? グッドモーニング林修

投稿日:

元々の,意味,由来,今日の,テレビ朝日,グッドモーニング,林修先生,週間天気予報

 

毎朝のグッドモーニングことば検定の問題と答えを、リアルタイムでお伝えしています。
ことば検定はテレビ朝日の「グッドモーニング」で、毎朝6時45分くらいから放映されています。
7時半過ぎの「お天気検定」「ニュース検定」は別ページにあります。

今日は4月23日、今朝のことば検定は復習です。

世界図書著作権デー。
『ドン・キホーテ』の作者セルバンテスやシェークスピアが亡くなったところから制定されました。

そこから、今日の問題は

小説がきっかけで、新たな意味が生まれた言葉は?

というものです。

スポンサーリンク

 

「ことば検定」今日の問題

*問題*

小説がきっかけで、新たな意味が生まれた言葉は?

    斜陽

    破壊

 緑   服、ぴちぴちじゃん

 

ことば検定の答え

答えは     斜陽   です  

 

 

 緑  はというと、

「きょうしょうせつがきっかけ」→「きょうしゃつがちっちゃめ」

林先生も「うむむ…」という感じですか。スタッフさん、明日は頑張ってくださいね!

 

【ことば検定】答えの解説

ここから林先生の解説です。

「破壊」「斜陽」は小説のタイトル

「破壊」は主人公が父の戒めを破り自らの罪を告白する小説。

一方、太宰治の「斜陽」は敗戦後の没落する貴族家庭を描いたもので、「斜陽」は戦後の流行語となりました。

斜陽とはもともと、西に傾いた太陽、「斜めに差す夕べの光」という意味でしたが、太宰の小説以後は、「斜陽産業」など、比喩的に「時世の変化で没落しかかること」を指す言葉となったのです。

「斜陽」辞書での意味

辞書での意味は

 1.西に傾いた太陽。また、その光。夕日。夕陽 (せきよう) 。斜日。

 2.勢威・富貴などが衰亡に向かっていること。没落しつつあること。

例:「斜陽産業」

ことば検定の本ができました。

created by Rinker
¥1,019 (2019/11/12 13:25:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

東京周辺の今日の天気

 

最高気温と傘

東京の最高気温は 23度 

昨日に続く夏日となる予想です。

週間天気予報

 

それでは皆様、今日も一日、お元気でお過ごしください! 

 

このあとの、「お天気検定」「ニュース検定」の問題と答えはこちらです!
今日の放送後に更新します。

【お天気検定】小諸城の別名は?今日の問題と答え

【ニュース検定】全国6000万戸の住宅の内空き家は何戸?/池上彰/答えと解説

たった2分でストレートヘア!送料無料【SALONIA ストレートヒートブラシ】サロニア メーカー1年保証 海外対応 ダブルマイナスイオン 高機能 ストレートアイロン ヘアアイロン ブラシアイロン ブラシ型■予約受付中!3月下旬より順次発送■

tankakanren

-ことば検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.