【ニュース検定】GHQは漢字を廃止して何を使うよう主張した?/池上彰/答えと解説 - まるまる録

ニュース検定

【ニュース検定】GHQは漢字を廃止して何を使うよう主張した?/池上彰/答えと解説

投稿日:

テレビ朝日の朝のニュース番組「グッドモーニング」の「ニュース検定」の今日の問題と答えを、池上さんの解説と共にお知らせします。

スポンサーリンク

池上彰のニュース検定

今日の問題と答えです。池上彰さんの解説も追記します。

今日の「ニュース検定」のキーワード

キーワードは  漢字廃止論 です

 

ニュース検定の問題

*問題*

GHQは漢字を廃止して何を使うよう主張した?

    ひらがな

    カタカナ

 緑   ローマ字

 

ニュース検定の答え

答えは  緑   ローマ字 です。

 

池上彰の解説

戦後、アメリカから派遣されたGHQの政策とその影響で、漢字を廃止するという提案があったそうです。

漢字を学ぶ時間を、外国語などの学習に与えるべきだという主張もありました。

結局漢字は廃止されませんでした。

しかし、その後も正確な文章をタイプライターで迅速に作成できる欧米社会に対抗するためには、漢字は邪魔だという議論もありました。

ワープロの開発

その状況は40年前からがらっと変わりました。日本語のワードプロセッサーが開発されたからです。

1979年に世界で初めて日本語ワープロを発売したのは東芝です。

漢字機能が付いた極めて画期的な製品でした。今や、情報伝達に漢字が障害とはならなくなったのです。

 

それではまた明日!

・「ことば検定」と「お天気検定」過去問はこちらから
ことば検定  お天気検定

・昨日のニュース検定
【ニュース検定】1993年少子化対策のために政府主導で作られたのは?/答えと解説/池上彰

tankakanren

-ニュース検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.