断捨離のコツ「人生を変える断捨離」のやましたひでこさんの片付け術 - まるまる録

生活

断捨離のコツ「人生を変える断捨離」のやましたひでこさんの片付け術

更新日:

「人生を変える断捨離」など、「断捨離」術を広めたやましたひでこさんが、新聞に物を捨てる時のポイントを解説していました。
いつかはやりたいなと思いながらなかなか思いきれない断捨離、これから春になる季節、家の中を片付けて「再出発」してみませんか。

スポンサーリンク

断捨離に始まる憧れのミニマリスト生活 

ミニマリストの生活には憧れますが、今のわが家は正反対・・・

私などは物はほとんど買わないのですが 、それでもどうしてこんなに物が増えてしまうのだろうと常々思います。
押入れや、物入れ、屋外の物置に至るまで、常に物でいっぱい。いつも探し物ばかり。

せっかくこれから春になるし、あるいは来年あたりか、今後必ず引っ越しをするようになると思うのでその前に物をなるべく整理しておきたい!

そう考えていたところ、たまたま朝日新聞の 日曜版「Bライフ」に、読書の断捨離の極意とそれに対する「断捨離の極意の著者、やましたひでこさんのコメントが寄せられていたので、興味深く読みました。

断捨離術 皆さんの投稿内容

新聞では、読者がそれぞれの断捨離術を投稿。

2階建ての5 LDK に暮らしていた夫婦が、 建て替えのため引っ越しをすることになりました。
新居に移るまでの仮住まいのマンションは3 DK。 さらに、 息子夫婦と同居の部屋は2 LDK。そのため前もって3か月をかけて壮絶な断捨離を決行することに。

捨てたものというと、まずはタンス三つを処分。押入れで一度も着なかった服や思い出の服、定年退職した夫の背広やネクタイ。

なぜかどこのお宅も、服が一番多いようですね。

次には古い食器、 百科事典や文庫本、子供の思い出の品のランドセル、食器棚や電動マッサージ機なども全て捨てたと言います。

他に投稿された、皆さんの断捨離の様子をまとめると、次のようなものでした。

・書類はスマホで写真に撮ったら捨てる
・買う前に冷静に考える癖をつける
・一つ買ったらひとつ捨てる
・シーズンごとに使わなかった服はダンボールに入れ、次も使わなければ捨てる
・贈答品は箱に入ったままにしないで、すぐ使うか人にあげる

断捨離の工夫

また大幅な断捨離というだけでなく、普段からの工夫も披露されました。

・引っ越しなどを機に、不用品を処分し環境を一新
・生活に必須ではないコレクション類を見直す
・ネットのアプリなどを使ってこまめに売買する
・欲しいものはすぐに買わずに1か月考えてから買う

冒頭のご夫婦は、引越しを機に、捨てられたのは良かったなと思いますが、上のようになってしまってからでは捨てる手間が大変ですし、捨てるための費用もかかってしまいますね。

できればそうなる前に、何とかしておきたいものです。

そこで、「断捨離」の専門家、やましたひでこさんが登場!

 

やましたひでこさんの断捨離のポイント

やましたひでこさんの断捨離の秘訣とポイントは、下のようなものでした。
「断」「捨」「離」のそれぞれについて次のような解説が。

・「断」物を断ち⇒ものとの関係を問い直す
・ガラクタを「捨」て⇒居心地のいい住空間を手に入れる
・執着から「離」れる⇒心をごきげんにする

さらに、断捨離のコツは?

・引き出し一つ、財布など「結果」が出やすい所から行う
・「今の自分」に必要かどうかを判断。「いつか使うかも」「もったいない」はNG
・一つ買う前に一つ捨て、適量を維持する

皆さん工夫してるんですね~
これまではちっとも進んでいなかった断捨離ですが、引っ越しを予定している身としては、無関心ではいられません。

私も今日から身も心もすっきりした生活ができるように、少しずつでも頑張ります!

created by Rinker
¥1,620 (2019/09/21 13:33:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,620 (2019/09/21 13:33:25時点 Amazon調べ-詳細)

tankakanren

-生活

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.