ZOZOTOWN前澤社長「剛力彩芽さんが彼女」削除は破局か結婚か? - まるまる録

芸能界

ZOZOTOWN前澤社長「剛力彩芽さんが彼女」削除は破局か結婚か?

投稿日:

剛力彩芽さんと交際中で話題が続いていた、ZOZOTOWN前澤友作社長が、ツイッターの自分のプロフィールに「剛力彩芽さんが彼女です」と表示するに至りました。さては堂々の宣言かと思いきや、数日後にそれが削除されてしまったのです。しかも、その関連記事には「世界一どうでもいい」という投げやりな言葉が!? 

前澤社長と剛力彩芽さん、もしかしたら破局してしまったのでしょうか? あるいは、「彼女」ではなくて、結婚する気持ちが固まったのでしょうか? 

スポンサーリンク

前澤社長のツイッターの変化

年始、前澤社長はツイッターの自分のプロフィールの欄に

「月に行く予定の人で、ZOZOの社長です」

と記載。

それが、数日後に

「月に行く予定の人で、ZOZOの社長で、剛力彩芽さんが彼女です」

と書き換えしました。

「剛力彩芽さんが彼女です」が削除された

そしてそのツイッターの文言は6日には、「元バンドマンです。ZOZOTOWNは元々レコード屋」となり、「剛力彩芽さんが彼女です」の部分はなくなってしまったのです。
なんとなくショックを受けました。

前澤社長「世界一どうでもいい」

それをデイリースポーツが、1月7日に「前澤氏、ツイッターのプロフを変更「剛力彩芽さんが彼女」などが削除」のタイトルで報道。

すると、前澤社長は「世界一どうでもいい。。。」と発言。

ええっ! どういうことなのでしょうか。

BLOGOS編集部は「文言削除に大きな意味はないようだ」と結論づけていますが、だいじょうぶなのでしょうか。

なんだか剛力さんが心配です。

剛力彩芽さん&前澤社長、交際の進展は?

剛力や雨さんは、インスタ削除後に交互のツイッター投稿の後は、引き続き豪華な夕食に一緒に行くなど、これまで変わらないラブラブぶりをアピールしていました

そのあとは、正月に前澤社長のテレビ出演がありました。そこで初めて、剛力さんについて前澤社長が語りました。

前澤社長 結婚観を語る

そこで、前澤社長は結婚観については次のように語りました。

「まず結婚ということ自体には全く興味ないっすね。ただの紙を出す作業というぐらいにしか思ってないんで」

さらに、剛力さんとの交際については

「そもそも、お付き合いさせてもらう、イコール僕はもう結婚同然と思って、お付き合いするので、なんとなく付き合ってても意味がないので、やっぱり人生懸けて付き合って、お互い全部さらけ出して、お互いのためになんなきゃ、意味ないと思うタイプなんですよ。なので、皆さんの結婚と僕のお付き合いっていうのは、別に同じなんじゃないかなと」

まあ、本人がそれでいいというのなら、前澤社長はそれでいいと思うのですが、剛力さんはどうなのかな、それがちょっと心配ですね。

また、前澤社長のお子さんと、その2人のお母さんについては、

「3人、実の息子がおりまして、お母さんは2人なんですけど。今は生活が離れ離れになってますので、月に1回くらい遊ぶ機会をつくって遊んでいます。僕の身勝手で、家を出てきたところもあるので不憫(ふびん)に思うところはあります。自分がやれることはちゃんとやろうとは思っています」

と、自らの責任を表明。

そして、その事実を剛力さんはどう思っているのかというと、

「そうですね。むしろ応援してくれて、反対に子供をほっぽらかしにするのは嫌だと本人が言ってます。ですから“子供と遊びに行ってくるね”と伝えると、快く送り出してくれます」

ということなのです。

本当に「円満」なのか?

言葉通りに取れば、「円満」ではあるのですが、結婚同然に交際している相手に子どもがいて、それを子どもの側に立って容認しながら、自分は入籍はしてもらえない、それで剛力さんは良いのでしょうか。

「快く送り出してくれます」というのは、あるいは、それは前澤さんだけが思っていることではないのでしょうか。

入籍をしなければ、剛力さんと前澤氏は、法律上は他人です。

他人である前澤氏のの子どもは、剛力さんにとってはさらに会ったこともない、こちらはまったくの他人です。

それを「ほっぽらかしにするのは嫌だ」という配慮を、法律的には前澤氏とは他人である剛力さんがするということは大変なことで、いささか不思議でもあります。

剛力彩芽さんの仕事への悪い影響も

さらに、前澤社長が、いろいろな情報の操作をするのは、これは会社経営者なので当然ですが、それに剛力さんを使っている感は否めない。

剛力さんの所属事務所は、どうやらそれにはいい感じはしていないようです。事務所ではなくて、前澤さんが使っていることになってしまいますのでね。

そして、剛力さんが、入籍もしない相手の子どもにまで気を使っているのに対して、剛力さんの親代わりの事務所に対しては、前澤氏はたいして気を使っていないのではないか。

そして、剛力さんの方はというと、前澤社長との交際によって、むしろ周囲からの評価を落としてしまっている感がありますね。

剛力さん年賀状から外されてしまった

所属事務所のオスカープロモーションが、毎年タレントさんの並んだ年賀状を刷るのだそうですが、それには、今年は剛力さんの姿はなかったそうです。

年齢的に25歳なので、未婚の人が着る振り袖姿が見合わなくなってきたというのが理由だそうですが、写っているタレントさんは総勢11名。

前年は、「オスカー平成3人娘」の剛力さんがその中央に写って居たわけですが、今年は看板女優でもある剛力さんがその中に居ないので、「事務所に見限られたのでは」といううわさも飛び交っています。

オスカー広報は「特に意味はないですよ」と言っているそうなのですが、剛力さんを加えるとすると、なんだか前澤社長の宣伝をしているような気がするのではないでしょうか。

未婚者の振り袖が「いつまで着られるのだろう」

また、剛力さんは未婚女性の着る振り袖を「いつまで着られるのだろう」と漏らしたというので、それは結婚をするということなのかという憶測も飛び交っています。

しかし、前澤社長は上の通り「結婚には興味ない」と完全否定。

剛力さんが長くCMを務めてきた山崎製パンの『ランチパック』も、ヤクルト『ジョア』も新しいCMの予定はなくなり、「色がついてしまって使いづらい」ということになっているようで、テレビ局からも敬遠されてしまっているのだそうです。

そうなると、いつ関係が破綻してもおかしくなさそうです。逆に
今年中に結婚ということなら、大きなイベントになるので、事務所側も年賀状から剛力さんをはずすようなことはしないのではないかと思います。

結婚してもしなくても、本人たちが幸せならいいかな、と思い始めていましたが、今回の「剛力彩芽=彼女」削除騒動、心配を新たにするものとなったのは否めません。

せっかく舞台に頑張っていたのに、仕事をする気もなくなってしまったのかもしれませんね。まだまだ、剛力さんには頑張っている姿を見せてもらいたいものです。

tankakanren

-芸能界
-

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.