干し芋の別名は?表面の白い粉は何?グッドモーニングお天気検定&ことば検定林修先生 - まるまる録

ことば検定

干し芋の別名は?表面の白い粉は何?グッドモーニングお天気検定&ことば検定林修先生

投稿日:

子供のころ茨城に一時棲んでいたことがあったのですが、干し芋の8割は茨城で作られているのですね。

その地方で大きな家は、「干し芋御殿」と呼ばれることがあります。手間はそれなりにかかるそうですが、収益も大きいということなのでしょうか。

スポンサーリンク


「干し芋」の作り方

親類が家で自分の食べるものとしても作っていましたが、作り方はいたって単純で、乾燥芋の用のサツマイモを蒸して、スライスして、それから天日で干すというものでした。

ただ、多量に作るとなるとそれなりに手間がかかりますし、天日干しだと場所が必要なうえ、天候を見ながらなどの管理もたいへんです。
一方それを生業とする農家さんでは、今ではちゃんとした電気の乾燥設備を入れるらしいです。

できあがったものは、かなり効果で、贈答用だと一箱が3千円から5千位。
お正月の手土産などにも人気があるようです。

てっきり発祥も茨城だと思っていましたが、意外なことに、発祥の地は静岡県だとか。

正式名称は「甘藷蒸切干」

干し芋は、呼び名で、正式名称は「甘藷蒸切干」というのだとか。

切干し大根みたいですね。

茨城県では古くは「乾燥芋」と呼ばれていました。
私にとっては子供の頃に食べた、なつかしい食べ物です。

今の干し芋は「粉」はない

以前の干し芋はよく表面に白く粉が吹いているものがありました。

あの白い粉は何かというと

1.小麦粉

2.糖分

3.防腐剤

これは当然、「糖分」が正解です。

表面の白い粉は、「糖分が結晶化したもの」 だそうです。

 

今の干し芋は黄金色が主流

この白い粉が吹いているタイプの干し芋は、固くカチカチに干しあがっていて、あぶって柔らかくしないと食べられません。

また芋の色は灰色をしていますが、今はそういう干し芋はほとんど見られません。

あぶらずとも、そのままで食べられる、黄色の柔らかいものが、今の干し芋の主流で、すぐに食べられる上、見た目もたいへんきれいなものとなっています。

きれいにパッケージングしているものは割高になり、農家直送のものほど価格がお安いです。

もちろん、おすすめは、何といっても生産も加工も日本一の茨城県産がおすすめです。

-ことば検定

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.