あおり運転「停車」は危険運転に含まれず 石橋被告懲役18年判決内容要旨 - まるまる録

ニュース

あおり運転「停車」は危険運転に含まれず 石橋被告懲役18年判決内容要旨

投稿日:

神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、一家4人が乗るワゴン車を「あおり運転」で停車させ、大型トラックによる追突事故で夫婦2人が死亡、危険運転致死傷罪などに問われた石橋和歩被告(26)の裁判で、懲役18年の刑が言い渡されました。

判決では、石橋被告の一連の行為が危険運転致死傷罪として認められたわけですが、石橋被告が萩谷様さんの車の走行を妨害し、最後に追い越し車線上に車を停車。その間に後続車による追突事故が起こって、萩山さん夫妻が亡くなったその直前の「停車」に関しては、危険運転には当たらないとされました。

その点について、疑問を感じた方も多かったと思います。判決内容の詳しいところをお知らせします。

スポンサーリンク

危険運転罪認め懲役18年

神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、一家4人が乗るワゴン車が「あおり運転」で停車させられ、大型トラックによる追突で夫婦が死亡した事故で、横浜地裁は14日、危険運転致死傷罪の成立を認め、石橋和歩被告(26)=福岡県中間市=に懲役18年(求刑懲役23年)の判決を言い渡しました。

深沢茂之裁判長は石橋被告のあおり運転と事故との因果関係を認め、「身勝手活自己中心的な動機で、常軌を逸した犯行」と量刑の理由を述べました。

石橋被告に懲役18年の判決 危険運転致死傷罪適用 東名あおり運転事故

危険運転致死傷罪の適用が焦点

石橋被告の弁護側は、「運転中に起きた事故ではない」と、石橋被告の無罪を主張していました。夫婦を直接に死亡させたのは、石橋被告の運転によるものではなく、後続の大型トラックが追突したためなので、それには石橋被告は関与していないという主張であり、その点が今回の裁判の最大のポイントでした。

判決の行方が心配されていましたが、裁判員裁判の、裁判員の裁定も大きく反映されて今回の判決に結びついたものと思われます。

高速上の停車 「危険運転」の判断

一方、高速上の停車を「危険運転」に含めるかどうかという、法律的な課題も浮上しました。

自動車運転致死傷罪処罰法では、危険運転の要件を「重大な危険を生じさせる速度で運転する行為」としています。

「停車」は「運転」に含まれないとする判決

停車する行為そのものは

「一般的に危険を生じさせないのは明らか。文言上、運転に含まれると読むのも無理がある」

とされました。それによって、検察側の主張「高速道路での停車は危険運転に当たる」という部分は、退けられた結果になりました。

つまり、そもそも「運転」という言葉の定義に「停車」は含まれないという意味となると思われます。

「停車」も危険運転に含まれる検察側

その点については、新たな意見が聞かれることとなりました。

つまり、高速道路においての意図的な停車が危険なのは、常識的に考えて明らかであり、「危険運転に該当する」の検察側の主張も、十分納得できるとするものです。

停車も「危険運転」とすべき識者意見

この点について、法律の関係者からは、「運転」の定義に「停車」も含めるべきだと述べる意見もあります。

判決は高速道路上での直前停止行為が危険運転に該当しないといったが、そこは法文の解釈を誤っているのではないか。高速道路では停車や低速のの草稿がむしろ、危険運転の「重大な危険を生じさせる速度」にあたる。運転は車を発進、走行、停止させる行為から成り立ち、運転に停車が含まれるのも明らかだ、停車そのものを危険運転と認定したほうが すっきりするのではないか(元検事、高井康行氏)

いずれにしても、危険で悪質な運転を取り締まることができるよう、法律の改正を検討すべきだという議論になりそうです。

遺族の判決後コメント

萩山さんの母と娘さんがそれぞれ次のようなコメントを発表しました。

死亡した萩山義久さん母のコメント

量刑について全面的に納得できるものではありませんが、被告の行為が危険運転と認められたことは良かったと思います

萩山さん長女のコメント

私たちの気持ちを考慮してくれた判決で良かったです。ありがとうございます。

判決要旨部分

停車に関する、判決要旨は以下の通りです。

自動車運転死傷処罰法の「重大な交通の危険を生じさせる速度」とは、通行を妨げる目的で相手に著しく接近した際、衝突すれば大事故が粗油汁おsく度か、大事故になることを回避することが困難な速度をいう。直前に停止する、つまり時速0キロで止まる行為は、一般的、類型的にこうした速度であるとは認められない。同法の解釈上は車の進行が求められ、停止まで含まれると読み取ることは無理だ。4度の妨害は同罪の実行行為に当たるが、停車は該当しない。

今後はどうなる?

石橋被告の弁護側が控訴をするとなると、今後は東京高裁で再度の裁判となります。弁護側の動きが注目されます。

-ニュース
-

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.