東名あおり運転夫婦死亡事件、弁護側が無罪主張「停車後に事故発生は危険運転致死傷罪にならない」 - まるまる録

ニュース

東名あおり運転夫婦死亡事件、弁護側が無罪主張「停車後に事故発生は危険運転致死傷罪にならない」

更新日:

昨日お伝えした、東名あおり運転夫婦死亡の事故、今日の初公判で、被告の弁護側は無罪を主張しました。

初公判の傍聴席の倍率は10倍以上であったということで、亡くなった夫婦の夫萩山嘉久さんの母親の文子さんも被害者参加制度を使って参加されたということです。

スポンサーリンク

東名高速道路で夫婦二人が死亡

去年、神奈川県の東名高速道路でいわゆる「あおり運転」を受けた車が停車したところ追突され家族4人が死傷した事故で、危険運転致死傷などの罪に問われている被告の裁判が横浜地方裁判所で始まりました。

追突事故は被告が車を止めたあとに起きていて、弁護士は、運転中の行為を処罰する危険運転致死傷罪には問えないとしてこの罪については無罪を主張しました。

あおり運転の停車中に追突事故

去年6月、神奈川県大井町の東名高速道路で、あおり運転を受けたワゴン車が車線上で停車したところ後続のトラックに追突され、ワゴン車の萩山嘉久さん(45)と妻の友香さん(39)が死亡し、娘2人がけがをしました。

あおり運転を行って事故を引き起こしたとして、危険運転致死傷などの罪に問われている福岡県中間市の無職、石橋和歩被告(26)は、3日、横浜地方裁判所で開かれた初公判で、追突事故が起きるまでの一連の行為をおおむね認めました。

停車後の事故は罪が適用できない

一方、弁護士は「被告が停車したあとに起きた事故であり、運転中の行為を処罰する危険運転致死傷の罪は適用できない」と述べてこの罪については無罪を主張しました。

車を停めおいたのは「監禁」に当たらない

検察は、ワゴン車を車線上にとどまらせた行為が「監禁」に当たるとして監禁致死傷の罪も加えていますが、これについても弁護士は成立しないとして争う構えを示しました。

検察は冒頭陳述で「被告は700メートルの間に4回の進路妨害を行った。車線上に停車したあと『なめてるのか』『高速道路に投げ入れてやろうか』などと被害者に詰め寄った」と指摘しました。

検察側と弁護側 それぞれの主張

双方の主張をまとめると

検察側

・危険な速度で直前に割り込み、停車させるために減速した」ことが、「危険運転」に当たるとする
・石橋被告がワゴン車を停車させ、夫に暴行を加えるなどして高速道路上で監禁したとして、監禁致死傷罪が成立する

弁護側

・停車後に事故が発生した本件には、危険運転致死傷罪は適用できない →無罪を主張
・停車時間が短く、監禁に当たらない。監禁の故意もない

夫婦死亡事故概要

石橋被告は昨年6月5日午後9時半すぎ、パーキング エリアで自動車整備業の萩山嘉久さん(当時45)=静岡市清水区=から車の止め方を注意されて腹を立て、嘉久さんの妻友香さん(当時39)が運転するワゴン 車を時速約100キロで左側から追い越し、前に割り込んで減速。同様の妨害を繰り返した末、追い越し車線で停車させて追突事故を引き起こし、嘉久さんと友香さんを死亡させ、娘2人にもけがを負わせたとされる。

石橋被告の他の事件

山口県下関市で昨年5月、他の車の前で自車を停車させる行為を繰り返し、窓ガラスなどをたたいて降車させようとしたなどとして強要未遂罪と、他人の車のドアを足で3回蹴ってへこませたとして器物損壊罪でも起訴されている。

判決は11日後に

判決は、14日とされています。

大きな議論を湧き起こしている事件、疑問も多く残りますが、今後の裁判の行方を見守りたいと思います。

-ニュース
-

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.