石橋被告に懲役18年の判決 危険運転致死傷罪適用 東名あおり運転事故 - まるまる録

ニュース

石橋被告に懲役18年の判決 危険運転致死傷罪適用 東名あおり運転事故

更新日:

神奈川県の東名高速で、あおり運転の末一家4人が死傷した事故、危険運転致死傷などの罪に問われた男の裁判員裁判で、14日今日、石橋被告に懲役18年の判決が横浜地裁で言い渡されました。

スポンサーリンク

石橋被告に懲役18年の判決 

神奈川県の東名高速で昨年6月、一家4人が乗るワゴン車を「あおり運転」で停車させ、大型トラックによる追突事故で夫婦を死なせたなどとして、危険運転致死傷罪などに問われた石橋和歩被告(26)の裁判員裁判の判決が14日、横浜地裁で言い渡されました。

危険運転致死傷罪が適用されました。夫婦が死亡に至ったことは、被告の一連の運転行為に含まれると判断されたということです。

過去の事例と比べても、かなり重い刑となります。石橋被告があおり運転を繰り返していた常習性や、社会的影響の大きさを考えたと見られています。

どの行為が危険運転致死傷罪に当たるか

今回の裁判のポイントとなっていた危険運転致死傷罪は、つまり、萩山夫妻の死亡と因果関係があると認められたところは、石橋被告のどの行為かということですが。

因果関係という部分について、4度に渡る妨害は、最低速度が定められ、停止が禁止されている高速道路の性質上、重大な危険性を生じされるとして、嘉久さんに対する暴行を含めて危険運転致死傷罪に当たる。

死亡はそれと因果関係があり、それによって、成立すると認定されたということです。

しかし危険運転致傷罪については、直前に車を停止した行為は当たらないとされたということです。

なぜ懲役18年に期間が減ったか

10日の公判では、石橋被告は懲役23年を求刑されており、運転する行為に適用する同罪が車の停止後の事故にも適用されるかが焦点でした。

適用されたのは間違いありませんが、量刑が、23年から18年に年数が減った理由は、このあと明らかになると思われます。まだ情報がありませんので、わかり次第お伝えします。

 

東名あおり運転死亡事故内容

石橋被告は昨年6月5日夜、パーキングエリアで嘉久さんから駐車方法を注意され、「停車させ、車から降ろして文句を言おう」と決意。

友香さんが運転するワゴン車の前に割り込み、減速して接近させる妨害を4度繰り返した末、追い越し車線で停車させ、直後に追突事故を引き起こしたとされています。

追い越し車線上に停車をした時間は、2分間でした。

石橋被告と遺族の様子

判決の際の石橋被告の様子は、おおむね無表情だったということです。

石橋被告の様子

判決の前に、裁判長に

「何か意見がありますか」と問われると、石橋被告は、「いや、ないです」と応えました。その時は、これまで通り表情を変えることなく淡々とした様子でした。

しかし、判決理由が述べられている間は、落ち着かない様子を見せたということです。

そのあと、裁判長が「判決理由を理解しましたか」と問うと、石橋被告は「はい」と応えました。

遺族側の様子

死亡した夫婦の夫、嘉久さんの母文子さんは弁護士の方に話しかけたあと、落ち着いてメモを取られていました。

妻、由香さんのお父さんも落ち着いてメモを取っていたという模様です。

これまでの遺族コメント 長女の希望

自らもけがを負った高校2年生の長女(17)は

「どれだけ涙を流しても両親に会えない。両親は想像できないぐらい怖かったと思う。被告人を厳罰に処してほしい」

友香さんの父親の意見陳述

友香さんの父親(73)は

「子の成長を楽しみにしており、無念だったに違いない。2人の命の重さに見合うだけの長い時間、刑務所に入れてもらいたい」

 

遺族の希望に完全にかなうわけではないものの、懸念されていた危険運転致死傷罪が適用になりました。

死亡に至ったのは、石橋被告の一連の運転行によるものだという結論が出たということです。

以上、速報でお伝えしました。今後報道の部分は、わかり次第お知らせしたく思います。

tankakanren

-ニュース
-

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.