吉澤ひとみ被告懲役2年、執行猶予5年の有罪判決 被害者との示談成立と芸能界引退も影響 - まるまる録

芸能界

吉澤ひとみ被告懲役2年、執行猶予5年の有罪判決 被害者との示談成立と芸能界引退も影響

投稿日:

こんにちは。まるです。
昨日初公判があった、元モーニング娘の吉澤ひとみ容疑者、今日11時に判決が出ましたが、昨日の求刑の通り、懲役2年、執行猶予は5年という有罪判決が言い渡されました。

スポンサーリンク

吉澤ひとみ被告に懲役2年、執行猶予5年の判決

吉澤被告は29日に行われた初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた上で、「被害者の方に本当に申し訳ないことをしたので(芸能界を)引退しました。1人の人間としての考えが甘かったと思います。今回起こしてしまったことを一生忘れず過ごしていきたいと思います」などと述べました。

吉澤被告、判決に聞き入る

判決の際は、吉澤被告は起立して、微動だにせず、まっすぐ前を見ていたということです。

また、裁判長が「二度と罪を起こすことはないように」という言葉にも聞き入っている様子が見られたということです。

事務所社長の嘆願所に涙

前日の初公判では、元事務所の社長により「吉澤被告は真摯(しんし)に反省している」との嘆願書が読み上げられ、さらにマネージャーの言葉などを聞き、涙を流す場面もありました。

昨日の初公判では、検察側は、懲役2年を求刑していましたが、今日の判決は懲役2年に加え、執行猶予が5年が吉澤被告に言い渡されました。

執行猶予5年は長め

懲役2年の求刑については、昨日の時点で、「被害者が軽いけがで済んだため」短い期間で済んだという意見もありました。しかし、社会的な影響、それから吉澤被告本人におきゅうをすえ、さらに反省を促すという意味で、執行猶予期間は長めになるのでは、という予想もあり、ほぼその通りの判決となったようです。

また被害者2名とは、示談は既に成立しているということで、示談金は芸能人であるため高額となることが考えられますが金額については、報道されていないようです。

キッチンドリンカーを思わせる夫の供述

2015年に結婚したIT企業経営者の夫は、事故後に「毎日キッチンで酒を飲んでいた」と供述しており、家庭で飲酒を繰り返すキッチンドリンカーであることが判明したとも報道されています。

なんといっても、吉澤被告の場合の心配な点は、アルコール依存症の疑いがあるという点です。アルコール依存症だとすれば、今後は何より断酒が必要となります。

治療は大変なことですが、お子さんもいることなので家族を支えに頑張ってほしいと願っています。

-芸能界

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.