大阪寝屋川中1男女殺害 死刑求刑「土下座は真剣な謝罪ではない」大阪地裁 - まるまる録

ニュース

大阪寝屋川中1男女殺害 死刑求刑「土下座は真剣な謝罪ではない」大阪地裁

投稿日:

大阪府寝屋川市の中学1年の男女2人を2015年8月に殺害したとして、殺人罪に問われた山田浩二被告(48)の裁判員裁判の論告求刑公判が21日、大阪地裁(浅香竜太裁判長)で始まり、検察側は「抵抗できない子どもを身勝手に殺害した極めて残虐な犯行」として、死刑を求刑されました。毎日新聞の速報よりお伝えします。

スポンサーリンク

山田被告の殺意の有無が争点

起訴状によると、山田被告は8月13日、同府内かその周辺で平田奈津美さん(当時13歳)と星野凌斗(りょうと)さん(同12歳)の首を圧迫するなどして窒息死させたとされる。被告の殺意の有無と刑事責任能力が争点となっている。

男子中学生は50か所以上の切り傷が

検察側は論告で、被告が面識のない2人を車に連れ込み、首を圧迫するなどして殺害したと指摘。平田さんの体には50カ所に上る切り傷があり、「暴力的・攻撃的で、殺意があったことは明らか」と述べた。

さらに、被告が以前、少年11人に対し、車に連れ込んで体を触るなどの事件を起こしていた前科を重視。動機については、星野さんと何らかのトラブルになり、口封じのために平田さんも殺害したと指摘した。

「土下座は真剣でない」裁判長

その上で、最高裁が死刑判断の基準として、犯行の態様や動機、被害者の人数など9項目を挙げた「永山基準」(1983年)に照らしながら求刑の理由を説明した。「被害者に落ち度はなく、無限の未来と夢が奪われた」と強調。「荒唐無稽(むけい)な弁解をし、パフォーマンスで土下座したが真剣な謝罪はない」として、極刑を回避する理由はないと指摘した。

被害者参加制度で遺族代理人の弁護士も意見を述べ、死刑を求めた。弁護側は平田さんへの殺意を否認し、星野さんは体調不良で死亡したと主張しており、最終弁論で死刑の回避を求める見通し。

この後は、判決は12月19日に言い渡されるということになっています。

言い逃れや謝罪の振りを信じるな

被告側は殺意を否定、殺人ではなく、熱中症などの体調不良で、傷以外の理由で死亡したという意図であるようです。

また、裁判の途中で、山田被告は傍聴席にいた被害者遺族に対して、裁判長の静止にもかかわらず、土下座をするということを行ったわけですが、刑務所で同房だった人は、それが山田被告の常套手段だと語ってもいます。

前科10犯で三度の改姓も

山田被告は13年前にも、男子中高生らを車に連れ込んで監禁し、被害者が8人に上っており、逮捕されるという前科がありました。出所後は福島で除染作業をしていたようです。また、それ以前を含め、前科は10犯人以上であるようです。

またその事件の度に、「渡利浩二」「柴原浩二」と姓を変えており、今の姓も元々の名前ではありません。

知人女性への手紙には山田容疑者本人が、「妻と獄中結婚し、その女性には娘がいた」
「今ここで一心不乱になって頑張ることができるのも、大切な娘の存在があるからです」と書いていたということですが、服役中にその女性とは離婚。

山田容疑者との20年来の知人女性は、「若い男の子に興味がある」とテレビ局の取材に語っていますが、女性をストーカーしていたという話もあります。いずれにしても、逆にこのような犯罪者を監禁たり、犯罪を抑止したりする手立てはありませんので、子どもたちの保護は常に地域ぐるみで注意を払うべきでしょう。そして、被告にも、今度こそ、二度とこのような事件を起こさないような厳罰を与えるべきでしょう。

-ニュース

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.