グーグルアナリティクスでリアルタイムで見ているユーザーの検索キーワードを知る方法 - まるまる録

ブログ

グーグルアナリティクスでリアルタイムで見ているユーザーの検索キーワードを知る方法

更新日:

こんにちは、まるです。
ブログを書いている方は、自分のブログを見に来てくれる方が、どのようなルートで来てくれているのか知りたくないですか。

サーチコンソールの方には、「検索クエリ」という項目があって、詳細に検索語を見ることができますね。
しかし、あいにく、数日前のデータしか得られませんので、例えば、今日書いたブログの記事については、検索語を調べることができません。

しかし、グーグルアナリティクスにはそれが見られるところがあることに気がついたので、皆さまにもお知らせしておきますね。

スポンサーリンク

今日来てくれたユーザーのキーワードの調べ方

 

当ブログとは別なブログの方のダッシュボードを使ってお伝えしています。

グーグルアナリティクスのブログのページを表示します。

「すべてのトラフィック」

左側の項目から「集客」を選び、プルダウンメニューを開きます。その中の「すべてのトラフィック」を選んでください。

「参照元/メディア」

 

「すべてのトラフィック」の下に、さらに項目が開きますので、「参照元/メディア」を選びます。

「キーワード」

そして、右側の横並びになる項目から「キーワード」を選ぶと、キーワードが表示されます。

この場合のキーワードは、ユーザーがサイトへアクセスするときに使用したすべてのキーワード(有料広告とオーガニック検索の両方)です。

オーガニック検索って何?

オーガニック検索というのは、検索エンジンにおいて広告を排除した部分のことだそうです。

下の赤枠内で、上下と右側に入る広告は含まれない部分を指すそうです。

 

調べられない部分も

残念ながら、「not provided」と「not set 」 の部分を調べたいなあ、と思っても、これはサーチコンソールにおいても、この部分を調べる方法はないようです。

検索語のすべてがわかるわけではなさそうです。

ただ、アクセスが多い記事に関しては、キーワードは大体共通していると思うので、表示されている部分から検討はつけられるかなと思います。

ともあれ、サーチコンソールの表示されるのを待つ前に、急ぎ調べたい時には便利だと思うので、グーグルアナリティクスをご利用の方は、ぜひ該当箇所をご利用になってみてくださいね。

-ブログ

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.