貴乃花親方「今日明日命を絶ったり」の不穏な発言 退職廃業 弟子は千賀ノ浦部屋へ - まるまる録

芸能界

貴乃花親方「今日明日命を絶ったり」の不穏な発言 退職廃業 弟子は千賀ノ浦部屋へ

投稿日:

大相撲の元横綱貴乃花親方(46)が25日、日本相撲協会に退職願を提出しました。
昨日の午後5時から本人による記者会見が行われました。貴乃花はそこで次第を述べましたが、その中に「今日明日、例えば命を絶ったり」という発言があり、貴乃花の心境も心配されています。

スポンサーリンク

貴乃花引退届の提出を報告

会見の冒頭で、同席した代理人の弁護士が「年寄貴乃花の代理人として引退届を提出し、貴乃花部屋に所属する全員の代理人として千賀ノ浦部屋に変更したい旨を出した」と報告しました。

弁護士に続けて貴乃花親方自身が理由を説明しました。

告発状を提出したが

貴乃花は3月9日、貴ノ岩の傷害事件に対する協会の対応に対して、内閣府公益認定等委員会に告発状を提出しました。

その後、別な弟子の暴行事件が起こり、告発状を取り下げました。

しかし、8月7日に、外部弁護士より書面が届き、告発は事実無根だと認めるように、そうでなければ親方を廃業せざるを得ないという有形無形の要請を受け続けたというのです。

そこで実質的に部屋の存続が難しくなってしまったということです。

千賀ノ浦親方に引退を相談

貴乃花親方は「告発は事実無根だと認めることは私にはできない」として、数年前から千賀ノ浦親方に引退を相談。

弟子たちは、千賀ノ浦部屋へ所属先を変更。移ることとなり、自身は相撲協会を退職することとなった、ということで今日の会見となりました。

今後の相撲との関わり合いについては「土俵に育てられたので、土俵には携わっていきたい。住まいでもある。土俵はできる限り存続のままでいきたい」と述べています。

「今日明日、命を絶ったり」

また、会見の時の気になる発言として、

「常々(弟子への)指導の中で、もし師匠の私が今日明日、例えば命を絶ったり、亡くなったりした時でも、教えられた意志は今度は弟子たちが、そのまた弟子たちへ繋げていく。これが部屋の伝統であると(伝えている)。それが、その私が、亡くなった初代貴ノ花の師匠から教えられたことでありますので。その思いだけは、諦めずに伝えていくように、と話はしました」

という言葉があり、会場が一瞬どよめいたようです。

どういう意味なのかはよく分かりませんが、相当追い詰められた心境であったようで、貴乃花の心理面が心配です。

これまでの経緯

<2017年>
10月 元横綱日馬富士による貴乃花部屋の貴ノ岩への傷害事件が発生。貴乃花親方は警察に被害届を提出。協会には報告せず
11~12月 協会の危機管理委員会が貴ノ岩に要請した聴取を貴乃花親方が複数回拒否

<2018年>
1月 相撲協会の臨時評議員会が事件の対応をめぐり貴乃花親方の理事解任を決議。役員待遇委員に降格
2月 貴乃花親方が一門の反対を押し切り理事候補選に立候補し、落選
3月9日 貴乃花親方が、日馬富士の傷害事件に絡む協会の対応に問題があったとして、協会を監督する内閣府に告発
11~14日 春場所を貴乃花親方が無断で欠勤。15~18日は短時間のみの出勤
18日 貴乃花親方不在の間に弟子の十両貴公俊が支度部屋で付け人に暴行
19日 協会に対し貴乃花親方が謝罪
23日 貴乃花親方が内閣府に提出した告発状を取り下げる意向を表明
28日 貴乃花親方が協会に非協力的な態度を取り続けたとして年寄会で謝罪。新たな職務分担で役員待遇委員から委員に降格
29日 理事会で貴乃花親方の年寄への2階級降格が決定。階級で最も低い地位に
6月 「貴乃花一門」を「阿武松グループ」に名称変更
9月 貴乃花親方が退職願を日本相撲協会に提出

-芸能界

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.