ことば検定

櫛風沐雨の意味は?今日のグッドモーニングことば検定林修週間天気予報

更新日:

 

櫛風沐雨の意味は?

9月4日は、9と4の語呂合わせで、櫛(くし)の日。

櫛の歴史は古く縄文時代から使われていたようです。
その頃は、髪をとかすものではなく、髪飾りであったとされています。

「櫛風沐雨 しっぷうもくう」という言葉には、冒頭に「櫛」が使われていますが、今日はその言葉に関する問題です。

今日の問題は

櫛風沐雨の意味は?

というものです。

スポンサーリンク


今日の問題

櫛風沐雨の意味は?

   素早くはげしい

   苦労を経験する

   エビフライを完食する

 

正解

   苦労を経験する が正解です。

   はというと、「尻尾も食う」。
林先生は評価が高いですが、エビフライは尻尾も食べられるのでしょうか。ちょっと疑問ですが。

解説

櫛風沐雨とは、風雨にさらされながら、苦労して働くことをいいます。

また、世の中のさまざまな辛苦にさらされることのたとえにも使われます。

「櫛風」は風に髪が櫛 くし けずられること。「沐雨」は雨で髪が洗われること。

その二つを合わせたのが、櫛風沐雨。 「沐雨櫛風 もくうしっぷう 」とも使われます。

菊池寛の用例

菊池寛の小説には次のような例があります。

三十年間の櫛風沐雨で、銅のように焼け爛れた幸太郎の双頬を、大粒の涙が、ほろりほろりと流れた。(菊池寛『仇討ち三熊』)

 

東京周辺の今日の天気

12月27日の天気です。

最高気温と傘

東京の最高気温は 12度  

お帰りの時は傘は要りません。

週間天気予報

今日のおすすめの服装

朝の通勤通学   ダウン  
ランチタイム  コート
お帰り   ダウン  

年末は寒波襲来だそうです。大掃除は早めに始めた方がいいかもしれませんね。

それでは皆様、今日も一日、お元気でお過ごしください!

tankakanren

-ことば検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.