牛乳「欠品」のおそれ 首都圏スーパー北海道地震の影響で - まるまる録

ニュース

牛乳「欠品」のおそれ 首都圏スーパー北海道地震の影響で

投稿日:

首都圏のスーパーで牛乳が今後欠品するかもしれないというニュースです。

一度にたくさん買い占めるのはやめて、計画的に利用しましょう。

スポンサーリンク

停電で牛乳工場が停止

大手乳業メーカーによりますと、停電で工場の稼働が止まったことで、生乳の供給が一時的に停止したため、首都圏のスーパーなどの取引先に「牛乳の欠品が生じる」との通知を始めたということです。

給食が優先

学校給食が開始される9月は、牛乳の最需要期になり、都府県消費の約3割を道産が担っているため、まずは、給食の牛乳が優先されるようになります。

「学校給食も始まっているので、需要も高まっている。今後、牛乳が制限される日が来るのかなという不安がある」(アキダイ 秋葉弘道社長)

また、北海道産の生乳生産量は、全国の半分を占めるということです。

そのため一般家庭向けの、スーパーなどの牛乳が今後不足するとみられています。

 

安定化の方向に

乳業工場について農林水産省は、北海道内の39か所のうち、34か所が稼働を再開していて、「生乳需給も安定化の方向に向かう見込み」としています。

他の乳製品は?

首都圏で展開するスーパーには既に「複数の乳業メーカーから欠品の連絡が来ている」といいます。

欠品が生じるのは、牛乳だけでなく、ヨーグルトやチーズなど乳製品全体に及ぶと言われています。

-ニュース

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.