ミナミヌマエビの雄雌の見分け方 つがいにして繁殖させよう 抱卵後に孵化した稚エビが小さい! - まるまる録

ミナミヌマエビ メダカ

ミナミヌマエビの雄雌の見分け方 つがいにして繁殖させよう 抱卵後に孵化した稚エビが小さい!

更新日:

こんにちは、まるです。

皆さんのメダカとミナミヌマエビは元気にしていますか?

今日は、まるのメダカ水槽で、ミナミヌマエビの稚魚が無事に孵化したよ! というお知らせです。わーい、うれしい。

卵が生まれるようにするには、雄雌を一緒の水槽に入れなければならないわけですが、今回はそれと一緒に雄雌の見分け方もお伝えしますね。

スポンサーリンク

ミナミヌマエビが抱卵するまで

今回抱卵して卵が孵化した母エビは3匹目です。

ワンプッシュ蚊取り事件で全滅

最初のミナミヌマエビの稚魚が、9月1日のワンプッシュ蚊取りを使ったばっかりに、母エビ共々全滅してしまいました。

ちなみに、同じ水槽に泳いでいた雄のエビとメダカ5匹はいずれも全く変わりなく無事でした。

ちなみに、現在飼育している水槽はダイソーのコレクションボックスです。

関連記事:
ミナミヌマエビが全滅したのはワンプッシュ蚊とりが原因だった! 注意書きに「水槽のある部屋では使用しない」

新しい母エビが抱卵

そこで再び屋外水槽から、新しいミナミヌマエビをこちらに移動させたら、それが雌のエビだったらしく、1匹だけ残っていた雄エビが大喜び。

すぐにとっても仲良しに。らぶらぶ~

間もなく抱卵。。。

バンザイ! 今度こそかわいい赤ちゃんエビをたくさん産んでね!

でも、ちょっと待って。屋外水槽にはエビが6匹居たのに、私はどうしてこのエビが雌だとわかったのだろう???

うーん、今回3匹目なので、何となくこれかなーと思ったのだけれども、やはり特徴があったのかなあ。

関連記事:
メダカと混泳のミナミヌマエビが自然繁殖 抱卵中の母エビが懸命に卵に空気を送る動画

ミナミヌマエビの雄雌の見分け方

今まで私が接した雌エビはこれで3匹目です。

1匹目はこちら。

うーん、何となくおデブな感じですね。

そして2匹目がこちら。

抱卵しているせいもありますが、猫背です。(猫背のエビというのも変ですが)

雄エビの写真と比較してみると

あっ、やはり全然違う! りりしい (#^.^#)  
というか、シューっとしていますね。要するに雄の方が明らかに細い。

では再度、今回の3匹目の母エビを再度見てみると・・・

うーん、やはり何となく「雌」って感じです。それから色もやや濃いです。

写真だと茶色だけれども、実際は緑色がかってもいます。

メスのエビは大きい

それでは雄エビとの大きさを比較してみましょう。

右の茶色いのが雌エビ、左の白いのが雄です。

明らかにメスの方が幅、長さ共に大きいですね。

雌エビの特徴をいうと、

・体つきが丸い、特に背中が猫背
・大きさが大きい
・色が茶色など雄よりも濃い
・泳ぎ方や動きが穏やか
・第一触覚が長い

などで、私は何となく無意識的に区別しているみたいです。

 

孵化したミナミヌマエビの稚エビは?

それで孵化した稚エビはというと、小さいんですよこれが。

 

どこに居るかわかったかな?

ここです。

小さくてもちゃんとエビの形をしていますよ。かわいいなあ。。。

今度は、無事に成魚になるまで成長してもらいたいです。

ママになったエビもご苦労さまでした。ゆっくり休んでね。

 

関連記事:
ミナミヌマエビの稚魚飼育 餌と成長 水槽 水草 寿命について他注意点

 

メダカとミナミヌマエビの飼育に必須の道具たち。

 

ミナミヌマエビのフンの掃除と稚魚の移動はスポイトで。

 

水槽の水はカルキ抜きを使ってメダカ飼育に適した水質に。

 

オシャレなアクアリウムにするためのレイアウトグッズ。

-ミナミヌマエビ, メダカ
-

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.