日本ボクシング連盟の山根明会長 会見で辞任を表明 騒動を謝罪 - まるまる録

ニュース

日本ボクシング連盟の山根明会長 会見で辞任を表明 騒動を謝罪

投稿日:

日本ボクシング連盟の一連の問題を巡り、山根明会長(78)が8日、大阪市内で辞任を表明しました。

これまでに選手への助成金の不適切な使用の指示や、自身の暴力団関係者との交際などを認めていました。

スポンサーリンク

山根会長の会見の内容

山根会長は「選手の皆様にはこのような問題があったことに関して、会長として申し訳ない」と謝罪しました。

報道陣からの質問は受け付けないようになっており、質疑応答はありませんでした。

これまでの経緯

山根会長は連盟の副会長などを経て、2011年2月に会長に就任。

12年10月にはアマチュアの競技団体としては異例の「終身会長」となりましたが、ここへきて問題が多発。

連日の報道が続いていました。

連盟を巡っては、都道府県連盟の幹部や関係者333人でつくる「日本ボクシングを再興する会」が、山根会長や連盟による判定への介入や、地方組織への過剰な接待の要求などの問題について日本オリンピック委員会(JOC)などに告発状を送っていました。

山根会長は前日までに報道陣の取材に「8日12時に進退を発表する」と述べており、今回の会見への運びとなった次第です。

会長「奈良判定」について語る

不透明な資金について意外に話題となったのは、「奈良判定」と言われる奈良県選手に有利な判定が出るという審判の偏りが取りざたされました。

それについては、山根会長は

あるわけない。そんなことしたら、連盟の組織がつぶれて、誰もついてこない。審判については審判委員会がやっているが、僕はいっさいその場所には入っていない。奈良の選手は負ける時は負ける。僕は奈良の試合をほとんど見ない。僕も人間で選手の好き嫌いもありますから、奈良以外の子も応援する。「この子は伸びる子やな」「将来ある子やな」と思ったら、僕は「頑張れよ」って握手しますよ。

と語っていましたが、会見では、判定そのものには触れませんでしたが、

選手の皆様にはこのような問題があったことに対して、会長として申し訳ない、どうか選手の皆さん将来東京オリンピックに参加できなくてもその次のオリンピックもあります。頑張ってください。

のように語りました。

 

これでボクシング連盟を騒がせた、会長辞任の問題は幕を下ろすことになります。

スポーツの世界に身を置く選手の皆さんも、二分された関係者も大変だったと思います。
また新たな志を持って、整えられた環境で、トレーニングに励んでいただきたいと思います。

-ニュース

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.