台風情報 台風通過前と通過中にできる準備と対策 注意点 週間天気予報 - まるまる録

ニュース

台風情報 台風通過前と通過中にできる準備と対策 注意点 週間天気予報

更新日:

気象庁のページには、台風情報の他にも、台風への対策や注意点が掲載されています。

それを見て事前にできること、台風への準備を怠りなくしてください。

スポンサーリンク

台風の現況と予想

強い台風第13号は、7日3時には父島の北東の海上にあって、1時間におよそ20キロの速さで北北西へ進んでいます。

台風は今後も強い勢力を維持して、暴風域を伴って北北西へ進み、8日には伊豆諸島に接近し、その後、9日にかけて東日本太平洋側にかなり接近するおそれがあります。

また、関東甲信地方には前線が停滞しており、7日夕方から台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、台風接近前から前線の活動が活発となる見込みです。

大雨の今後の様子

 停滞する前線により、7日昼過ぎから関東甲信地方を中心に、雷を伴って激しい雨が降る見込みです。

台風の接近する前から大雨となり、台風周辺の雨雲がかかる8日から9日にかけて、関東甲信地方を中心に非常に激しい雨が降り、降り始めからの総雨量がかなり多くなるおそれがあります。

雨量

 8日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で

  関東甲信地方、東北地方 80ミリ

 その後、9日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、

  関東地方        200から300ミリ
  東北地方        150から200ミリ
  伊豆諸島、甲信地方   100から200ミリ

です。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。

 

台風災害への対策と安全確保

台風通過とその前後に注意する点は以下の通りです。

災害発生時 エレベータ不可!

通過中は外へ出ない

台風の際は、建物内で通り過ぎるのを待つのが基本です。通過しているときは外へ出ないようにし、河川や用水路の見回りは危険ですのでやめましょう。

エレベータを使わない

地下にある電気室や機械室などが浸水するとエレベータが停止する可能性があるため、エレベータの使用は控えましょう。

浸水に注意 

到達6時間前 〜 到達直前

浸水の被害を想定し、また、高潮、増水の恐れがある地区では気象情報や行政からの情報に特に注意を払い、すぐ避難できるように準備しておきましょう。

地下にいる場合は注意

地下鉄や地下街、地下駐車場などは浸水の恐れがあるので注意しましょう。

複数で行動しよう 

到達6〜12時間前

行政から避難勧告が出た場合は、複数で行動する。
行政から避難勧告が出たら戸締まりをして、近所の人に声をかけ、一緒に徒歩で避難しましょう。
運動靴やトレッキング シューズなら、冠水した道路も比較的歩きやすいでしょう。

要援護者の避難

避難準備情報が出された場合は、速やかに要援護者を避難させる必要があります。

行政から避難準備情報が出たら行動能力の低い人々を優先に、自動車等を使って速やかに安全なところに移送しましょう。

高齢者や障害者、乳幼児らを抱えた家族等が対象です。高台などの避難所、親戚の家、福祉施設等を利用してください。

懐中電灯や食料の備蓄

到達12〜36時間前

台風通過時は、断水や停電となる可能性があります。懐中電灯や情報を収集するためのラジオ、買い物に行けないことも考えて数日分の飲料水や食料を用意しておくといいでしょう。

家財道具を移す

水に濡れると高価な家財道具も台なしです。浸水被害に遭うと困るものは上の階など高い場所へ移しましょう。

できれば浸水被害に対応する損害保険(火災保険の特約等)にも加入しておくとよいでしょう。

浸水への準備

到達36〜48時間前

低地に住んでいる場合は、土のうなどを用意しましょう。

低地や川沿いの住居には、浸水をせき止めたり浸水の時間を遅らせたりすることができる土のうの活用も有効です。

土のうがあるかどうか、お住まいの都道府県や市町村に問い合わせてみましょう。

土のうがないときは、代替手段として、ゴミ袋に水を入れて水のうをつくりコンクリート ブロックで固定する方法や、水の入ったペットボトルをダンボールに詰め、簡易の堤防にするといった方法もあります。

事前に排水設備の点検・掃除を

排水溝の詰まりが原因で道路や庭などに雨水が溜まると、地下室や地下駐車場などが被害を受けます。

また、ベランダの排水溝や雨どいが落ち葉やゴミなどで詰まっていると、2 階以上への浸水や天井裏への浸水などが発生することがあります。雨水の排水設備関係の点検・掃除を心がけましょう。

屋根瓦やトタンを補強する

風で屋根瓦が飛べば、けがでは済まされない事故になることもあり得ます。また、雨漏りの心配がないか、外壁のひび割れはないかなども確認しておきましょう。

さらに、テレビのアンテナや倒れる可能性のある塀、自転車や鉢植えのように飛ばされる恐れのあるものは、ロープで固定したり屋内にしまったりといった対策をとりましょう。

いずれの対策も雨や風の弱い間に行ってください。

雨風が強くなってからは、無理せずに、避難と身の安全を優先してください。

現在の週間天気予報

 

それでは、皆さまご無事で落ち着いてお過ごしくださいね。

 

-ニュース

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.