太田光日本大学裏口入学「事実無根」妻光代さん弁護士に依頼「訴えます」 - まるまる録

芸能界

太田光日本大学裏口入学「事実無根」妻光代さん弁護士に依頼「訴えます」

投稿日:

爆笑問題の太田光さん、週刊新潮が太田さんが日本大学に、裏口入学をしたとの証言を掲載した問題で、ラジオ番組で事実無根であることを反論。

また、妻の太田光代さんは、「訴える」として、顧問弁護士に委任状を提出したそうです。

スポンサーリンク

裏口入学の詳細

証言をしたのは、大学関係者とされる人です。

事前に、入試問題を入手することができたらしく、一次試験の前日に太田さんをホテルに缶詰めにして、「レクチャー」。

つまり、その回答を教え込んだという方法のようです。

ただ、英語については、それでも点数が伸びなかったため、答案回収後の採点時に、実際よりも多い点をつけたというようなことまで詳細に語られています。

英語については、急にであれば、単語が書けないというようなことだったのかもしれません。

とにかくその関係者の述べている内容はかなり詳細なものでした。

 

太田光さんラジオで反論

太田光さんは8日夜、自身のラジオ番組で、裏口入学について、50分近く反論。

「バカヤロー。(裏口入学)するわけねぇだろ。はらわた煮えくりかえっているんだよ。誰が裏口入学だ、この野郎! ふざけんなバカ野郎!あんなバカ学校、裏口入学するわけねえだろ!」

と怒りをあらわにしていました。

「ホテルに缶詰め」は事実無根?

「ホテルに缶詰め」の証言も「まったくそんなことはない」と否定。

高校時代の成績について

「確かに学校の成績は悪かったし、それは本当なんだよ。そこが悔しい。旺文社の全国模試では国語満点だった。地頭はいいんだ」

お父さんについては

また、お父さんについては、その人となりを合わせて次のように。

「そんなしゃべり方をするような人間じゃ絶対になかった。ウソだと思うよ、俺だって。親父はこんなペコペコしない人。決めつけてるんだよ。なんで上から目線で言われなきゃいけないの?。俺が有名だってことで、死んだ後にまで親父をこんなふう(なこと書かれて)情けない」

「日大関係者」に言いたいことは

「クソガキが!本当に逃げも隠れもしないし、公開討論でもしてやる」

「割り算ができなかった」級友の証言は?

「割り算はできたの、むしろ。連れてこい、ふざけやがって!」

と、旧友にたいしても怒りを隠しませんでした。

太田光さんの妻事務所社長の光代さんの対応

太田光さんの妻で事務所社長の光代さんは

「訴えます!民事と刑事両方で。訴えます。残念ながら訴えます。悲しいけど訴えます」と「訴えます」を4度繰り返しました。

「アーリン(※光)父様に侮辱を。死んでいる人に確認のしようが無いのを。とと様はもう七回忌を迎えているのよ。許さない。絶対。許さない」

同時に事務所社長として「事実無根です。刑事、民事の法的措置を取ります」としました。

実際に委任状提出

それからまもなく

「弊社の顧問弁護士事務所に委任状を出しました。あとは弁護士が書類作成し提出するだけです。迅速な弁護士事務所なので提出までの時間は、大して要しないと思います」

これからの展開は?

裏口入学というのは、そもそも書類が残っていたり領収書などの痕跡があるわけではないので、事実関係の証明は難しいことです。

そして、事実かどうかに関わらず、世間に起こったことについて鋭いコメントをするという太田さんの芸風には、少なからず影響が出てしまうこととなるかもしれません。

-芸能界

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.