本田圭佑選手がカンボジアサッカー代表チームの監督に! 他国チームと異例の契約 - まるまる録

ニュース 芸能界

本田圭佑選手がカンボジアサッカー代表チームの監督に! 他国チームと異例の契約

投稿日:

オーストラリアのメルボルン・ビクトリーに所属する本田圭佑選手が今日、カンボジア代表の「Head of delegation」に就任することを発表しました。
現役の選手でありながら、カンボジアチームの監督ということになり、異例の抜擢と言われています。

スポンサーリンク

他国の監督も問題なし

現役選手が他国の代表チームを実質的に率いるというのは超異例だそうですが、就任は本田の側からカンボジアサッカー協会に提案し、ルール上問題がないことをアジアサッカー連盟など関係各所に確認した上で契約が実現したとのことです。 

本田の就任会見

12日にプノンペンでの会見に出席した本田は、と就任の経緯を以下のように説明。

「先日、メルボルン・ビクトリーFCというチームと新しい契約を結んだばかりで現役サッカー選手は続けます。そんな中でカンボジアサッカー連盟に『現役を続けながらカンボジア代表監督をやることは可能か』と質問したところ、『本気で言っているならオファーをする』と言っていただき、この場に至りました」

「こういったかたちの契約は世界どこを見てもはじめての契約だと思います。そういった普通ではないやり方を受け入れたことに感謝しています」と本田。メルボルンでプレーするため、カンボジア代表の全ての試合に関われない可能性があることも認めつつ、「可能な限りカンボジアのサッカーに関わっていきたい」

本田選手の監督としての目標

就任にあたり、本田選手はは2つの目標を掲げたといいます。

ひとつはカンボジアの各チームや育成年代も含めた「カンボジアのサッカースタイル」を確立すること、もうひとつは「サッカー以外のカンボジアの素晴らしいところを世界に伝えていくこと」。

そして、カンボジアについて次のように述べました。

「何度もカンボジアに足を運んでいて、カンボジアの素晴らしいところをいくつも目にしてきました。文化、世界遺産、農業、そういったところを世界にアピールをしていくつもりでいます。さらに、一番の特徴であるカンボジア人のまじめなところ。日本人と共通する部分でもあると思うが、そこをアピールしていきたい」

2015年11月にロシアワールドカップ2次予選の試合でカンボジアを初訪問して以来、本田はこれまで同国との結びつきを強めてきたそうです。

自身の運営するサッカースクールのカンボジア校を開校したほか、同国1部リーグのソルティーロ・アンコールFCの経営にも参画。今後はさらに実質的な代表監督としてもカンボジアサッカーの発展に取り組んでいくことになるといいます。

本田選手のワールドカップでの活躍が今でも思い出されます。

監督としても、ファンに十分期待されそうです。

カンボジアでの本田選手のご活躍、そして、カンボジアチームの成長が楽しみです。

-ニュース, 芸能界

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.