朝顔、名前の由来は? グッドモーニングことば検定 週間天気予報 - まるまる録

ことば検定

朝顔、名前の由来は? グッドモーニングことば検定 週間天気予報

投稿日:

ことば検定 元々の 意味 由来 グッドモーニング 林修先生
おはようございます。まるです。

今日のグッドモーニングことば検定の問題と解答をお伝えします。

今日は8月7日、皆さんは夏休みの宿題は進んでいますか。

小学校で人気なのは朝顔の観察日記です。

朝顔は江戸時代にも品種改良が行われていたとか。
思ったよりも古くからある花だったのですね。

そこで、今日の問題は、

朝顔、名前の由来は?

というものです。

スポンサーリンク


今日の問題


朝顔、名前の由来は?

   あざやかな花

 赤  美人の顔にたとえた

   雨が降りそうだから

正解

 赤 美人の顔にたとえた が正解です。

   はというと、朝顔ではなく「かさかお」(傘買お)
タケサバオーのライバルというのが、林先生の提案ですが、それもどうかな

解説

朝顔は奈良時代には薬草であったようで、奈良平安の時代には、朝顔だけではなく、桔梗やムクゲも朝顔とも呼ばれていました。

朝美しく咲いている花ということで、すべて「朝顔」と呼ばれたということなので、「花=顔」という比喩でもあることがわかりますね。

源氏物語には「かの野分の朝の御朝顔は心にかかりて恋しきを」というところがあり、「あの台風一過の朝に見た美しい顔が忘れられないのを」という部分があり、「朝顔」はここでは花の美しさと女性の顔の美しさをかけた言葉となっていることがわかります。

花を咲かせるのが朝で、昼には花がしぼんでしまう姿を「朝の美人の顔」と表した、「朝の容花(かおばな)」の意味から来ているとも言われています。

その花の可憐さと午後にはしぼむはかなさが人気となって、朝顔の花の方が、今では日本の夏の風物詩となって定着したのは皆様もご存知の通りです。

今日の天気

今日の天気は

9時以降は降ったりやんだりが昼までは続きます。

12時からは一時的に

4時からは再び

 

最高気温と傘

東京の最高気温は29度

お帰りの時は、大き目の傘をお持ちください。

週間天気予報

 

熱中症の警戒度

警戒
厳重警戒 激しい運動は中止
夕方 厳重警戒 激しい運動は中止

台風情報

[台風の現況と予想]
強い台風第13号は、7日3時には父島の北東の海上にあって、1時間におよそ20キロの速さで北北西へ進んでいます。

中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで中心から半径100キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。

台風は今後も強い勢力を維持して、暴風域を伴って北北西へ進み、8日には伊豆諸島に接近し、その後、9日にかけて東日本太平洋側にかなり接近するおそれがあります。

また、関東甲信地方には前線が停滞しており、7日夕方から台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、台風接近前から前線の活動が活発となる見込みです。
 

<大雨>
停滞する前線により、7日昼過ぎから関東甲信地方を中心に、雷を伴って激しい雨が降る見込みです。

台風の接近する前から大雨となり、台風周辺の雨雲がかかる8日から9日にかけて、関東甲信地方を中心に非常に激しい雨が降り、降り始めからの総雨量がかなり多くなるおそれがあります。

8日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で
  関東甲信地方、東北地方 80ミリ
その後、9日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、
  関東地方        200から300ミリ
  東北地方        150から200ミリ
  伊豆諸島、甲信地方   100から200ミリ
です。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。

それでは、台風への警戒を怠りなく、皆様、今日も一日お元気でお過ごしくださいね!

 

夏はウナギ!

家族でいただくなら、おすすめの国産ウナギ。小さめのため格安ですが、評判がいいです!

-ことば検定

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.