なぜ削除?サッカー日本代表のロッカー清掃ツイートを世界が称賛も - まるまる録

ニュース

なぜ削除?サッカー日本代表のロッカー清掃ツイートを世界が称賛も

投稿日:

サッカーのワールドカップ・ロシア大会決勝トーナメント1回戦で、ベルギーに敗れた日本代表が、ロッカールームを清掃などした振る舞いが大会関係者によってツイート、世界中の感動と反響を呼びました。

ところが、投稿者はそのツイートを削除。なぜ削除されたかに臆測が飛び交っています。

何か支障となるようなことがあったのでしょうか。

スポンサーリンク

日本選手が退出した後のロッカールームの様子

ツイートの内容によると、日本選手が退出した後のロッカールームはきれいに掃除され、使用前の美しい状態に保たれていました。

入り口側の棚の上にはロシア語で「スパシーバ(ありがとう)」のメッセージが書かれた紙も残されているのが 写真に見えます。

さらに、その右下に見えるように、チームカラーの青の折り鶴を残してスタジアムを後にしたようです。

敗戦の失意の中にも、このような行動は、同じ日本人ながら立派と思われ、見習いたいものだと思います。

ツイートをしたのはプリシラ・ジェンセンズ氏

ツイートの主はプリシラ・ジェンセンズ氏。
FIFAのジェネラルディレクターを務める方で、ベルギー戦を終えた直後に、ロッカールームに入室して写真を撮影したようです。

そして、次のようにツイートをしました。

This is the Japanese dressingroom after losing to Belgium in the 94' minute. Thanked their fans in the stadium, cleaned up everything (bench and dressingroom) and spoke to media. Even left note with 'thank you' in Russian. What an example for all teams!! Privilege to work with! 

— Priscilla Janssens (@priscillaboca) 2018年7月2日

 

日本語訳:

「こちらはベルギー戦で94分間の戦いに敗れた後の、日本代表のロッカールームです。彼らはスタジアムのファンに感謝した後、ベンチとロッカールームを全て掃除して、取材対応までした。そしてロシア語で「ありがとう」と書いたメモまで残した。全てのチームの誇りであり、一緒に仕事が出来たことを誇りに思う」

内容は日本選手の行為を称賛するものでした。

このツイートへの反応は?

返信やリツイートなどで、世界各国から「ありがとうのメッセージは桁違いだ」「arigato」「真の勝者がいた」などの声が寄せられ、全世界に拡散。

特に問題を感じされるものはありませんでしたが、しかし、ツイートは7時間後に削除されてしまいました。

 

日本選手称賛のツイートがなぜ削除?

はっきりとした理由はわかっていませんが、今も試合は継続しており、おそらくリスク管理の観点から、施設内の写真を掲載したことが問題とみなされたのではないかと言われています。

しかし、削除までの間に世界中から、8万くらいのイイネ!、4万以上のRetweetがされていたと目撃されています。

まとめ

そもそもロッカールームの清掃は、ひっそりと行われたものであり、「スパシーバ」のメッセージも、そのあと入室するはずの退会スタッフにのみ見られるはずのものだったのでしょう。

それでも、削除されたツイートを通して、私たちも試合で応援をした日本選手の、プレー外の行いを伺い知ることができました。

ツイートしてプレー外の日本選手について知らせてくださったプリシラさん、ありがとう。

そして、頑張ってくれた日本選手にも、あらためてありがとうを言いたいです。

-ニュース

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.