明治天皇が命名された地名は?習志野 武蔵野 あきる野のどれ?ことば検定 - まるまる録

ことば検定

明治天皇が命名された地名は?習志野 武蔵野 あきる野のどれ?ことば検定

更新日:

ことば検定 元々の 意味 由来 グッドモーニング 林修先生
おはようございます。まるです。

今日のグッドモーニングことば検定の問題と解答をお伝えします。

今日は7月30日、明治45年に明治天皇が崩御された日です。

実際は、その前日の29日10時43分だったとも言われていますが、これは皇位継承のために24時間では準備ができなかったためらしいです。 59歳でした。

 

そこで、今日の問題は、

明治天皇が命名された地名は?

というものです。

スポンサーリンク


今日の問題


明治天皇が命名された地名は?

   あきる野

 赤  武蔵野

   習志野 

正解

   習志野  が正解です。

ボケなしの三択ですね。

解説

明治6年に陸軍の演習を見学されたことが、薩摩藩出身の陸軍少将、篠原国幹(くにもと)が指揮を執っている、そのきびきびした様子にいたく感心され、「篠原を見習え」→「ならえしのはら」→習志野となったのだそうです。

後に明治天皇は、次のような歌も詠んでいます。

「夏くさも 茂らざりけり もののふの 道おこたらず ならし野の原」(明治20年)

今日の天気

今日の天気は朝は晴れますが、9時からはずっと

最高気温と傘

東京の最高気温は31

お帰りの時は、折りたたみ傘をお持ちになると安心です。

週間天気予報

台風が過ぎた今日は、気温は低めで、過ごしやすそうですが、その後はまた厳しい暑さが戻ります。

熱中症の警戒度

厳重警戒 激しい運動は中止
厳重警戒 激しい運動は中止
夕方 厳重警戒 激しい運動は中止

 

熱中症の予防

熱中症の予防は、涼しい服装 日陰の利用 日傘・帽子 水分・塩分補給 です。

炎天下の長時間の運動は、この時期は避けましょう。

子どもの熱中症について

子どもは筋肉量が大人に比べて少ないのだそうです。

筋肉は多くの水分を含むため、筋肉の少ない子どもは熱中症になりやすいのです。

また、自由時間であれば、自分で暑さ対策ができますが、集団行動の際は自分で調節ができず、我慢を続けてしまうため、熱中症が起きやすくなります。

ですので、大人は、子どもの様子に注意をして、声掛けをしたり、休憩を多めに挟むなど配慮をお願いしたいと思います。

 

涼しい一日、皆様、今日もお元気でお過ごしくださいね!

 

 

夏はウナギ!

家族でいただくなら、おすすめの国産ウナギ。小さめのため格安ですが、評判がいいです!

-ことば検定

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.