ことば検定

「秋波を送る」広辞苑の2番目に載っている意味は?今日のグッドモーニングことば検定林修先生

更新日:

「秋波」広辞苑の2番目に載っている意味は?

おはようございます。まるです。

今日のグッドモーニングことば検定の問題と解答をお伝えします。

今日7月3日は「なみ」の語呂合わせで波の日です。

そこで、今日の問題は、

「秋波」広辞苑の2番目に載っている意味は?

というものです。この記事は’20年7月3日に更新しています。

スポンサーリンク


7月3日は波の日

今日7月3日は「なみ」語呂合わせで波の日です。暑い夏は海辺でサーフィンを楽しんでもらおうと制定されました。

ところで、「波」の字を使った言葉に秋波という言葉がありますね。意中の相手に「秋波を送る」がよく知られています。

そこで、今日の問題は、

「ことば検定」今日の問題

「秋波」広辞苑の2番目に載っている意味は?

    美人の涼しい目許

    うれわしげな顔つき

 緑   深呼吸

 

ことば検定の答え

答えは     美人の涼しい目許

 緑  はというと、「スーハ―」だそうです。「久々のヒット!」と林先生が褒められました。よかったですね、スタッフさん!

 

【ことば検定】答えの解説

ここから答えの解説です。

「秋波」の広辞苑の意味

広辞苑の記載は

【秋波】

  1. 秋の澄み渡った水波
  2. 美人の涼しい目許
  3. 媚を表す目つき。いろめ。ながしめ

 

「美人の涼しい目許」の由来

それでは、「秋波」の意味の「美人の涼しい目許」の由来は何でしょうか。

10世紀ごろの中国で

「眼色暗相鉤、秋波横欲流」

という詩がありました。

読み下すと、

眼色暗(ひそ)かに相(あい)鉤(いざ)ない
秋波横ざまに流れんと欲す

2行目の意味が「美しい眼もとで流し目をしてくる」ということで、「秋波を送る」の語源は、古代の中国にあったのですね。

「秋波を流す」「秋波を送る」が片思いの相手の言動を表すというのは、風流ではないでしょうか。

「秋波=目元」というぼかした表現も、あからさまでなくていいですね。

なお「赤」の「うれわしげな顔つき」は「愁眉(しゅうび)」というのです。

こちらは「うれい」の「愁(しゅう)」ですね。

それにしてもこんなに古くから、それも外国に「秋波を送る」が由来するとは、人間の営みというものは変わることがないものだなあ、と感慨にひたれる今日のことば検定でした。

前回のことば検定の問題

「山崎の戦い」で生まれた言葉は?【ことば検定】

今日のコロナニュース

東京東京コロナ感染者107人2か月ぶり3桁【3日コロナニュース】

東京周辺の今日の天気

雨は3時頃から

最高気温

東京の最高気温は 26度  

マイナス5度です

週間天気予報

週末にかけては雨がちの梅雨空となります

それでは皆様、今日も一日、お元気でお過ごしください! 

このあとの、「お天気検定」「ニュース検定」の問題と答えはこちらです!
今日の放送後に更新します。

気象衛星ひまわり、名前の由来は?【お天気検定】 答え 依田司

日本ハムの新スタジアム内に作られる日本初の物は?【ニュース検定】

tankakanren

-ことば検定

error: Content is protected !!

Copyright© まるまる録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.