クロール泳ぎ方のコツ バタ足で泳ぐ速度は遅くなる!水の抵抗増 - まるまる録

ニュース

クロール泳ぎ方のコツ バタ足で泳ぐ速度は遅くなる!水の抵抗増

投稿日:


こんにちは、まるです。
これから水泳の本格的なシーズンですが、皆さんは何泳ぎが得意ですか。

いちばん速度の速く出せる泳ぎはクロールと言われていますが、最新の研究で、クロールのバタ足を頑張れば頑張るほど、むしろ泳ぎの速度が遅くなってしまうということがわかりました。

いったいどういうことなのでしょう。

スポンサーリンク

クロールのバタ足で水の抵抗が増える

研究をまとめたのは筑波大と東京工業大の研究チーム。

生体工学の専門誌「ジャーナル・オブ・バイオメカニクス」に論文が掲載されました。

研究の要旨は、泳ぎの速度が秒速1・3メートル(100メートルのタイムで76秒92に相当)より速くなると、足の動きで生じる水の抵抗が大幅に増えるということなのです。

 

クロールのバタ足は何のため?

学生のときは、よくビート板を使ったり、あるいはプールサイドに手をかけてバタ足のみをさせられたりしていたので、なんとなく、バタ足の回数がたくさんできるほど、速度が速くなるのだと思っていました。

バタ足はこれまでむしろ下半身を持ち上げて水平に近い姿勢をとるために必要だと考えられてきたようです。

また、同時に、バタ足は水の抵抗を減らすとも思われてきましたが、どうやら単純にそうとは言えないようなのです。

 

難しいのは腕との連動

実際の泳ぎにおいては、腕とキックは連動が避けられないため、腕を早く動かそうとすると、キックの回数も増加します。

そこで、研究チームは、①腕と足で泳ぐ②腕だけで泳ぐ③体をまっすぐに伸ばすの3パターンで泳いで、体にかかる水の抵抗力を計測。

結果はというと、秒速1・1メートル(100メートルのタイムで90秒91に相当)の低速ではバタ足は推進力になっているものの、秒速1・3メートルを超えると足の動きが水の流れを妨げ、抵抗は速度の3乗に比例して大きくなっているということが分かったと言います。

つまり、身体がぐんぐん進んでいる時には、バタ足の上下運動が、進むことの妨げになってしまうのでしょうか。

ただ、腕を早く動かすと足もつられてしまいますので、その辺りをどうするかが今後の課題となりそうですね。

 

クロールに最適なのはどのようなバタ足?

筑波大の高木英樹教授によると、「振れ幅の小さい、しなやかなキックを打ち、水をつかむ上半身の技術を磨くこと」が、早く泳ぐコツであり、タイム向上につながるだろう」というものなのです。

ジャボジャボ音やしぶきが立つようなキックは、懸命にトレーニングを頑張っている感がありましたが、そうではなくて小さくしなやかなキックがいいのですね。

例えば魚のひれの動きのようなものがイメージできるかもしれません。

 

大切なのはむしろ上半身

そして、バタ足はあくまで付属であって、早く泳ぐには、むしろ腕や上半身の方が大切なようです。

この夏からはもしかしたらトレーニングの内容が変わってくるかもしれませんね。

皆様も様々な泳ぎ方を工夫してみてくださいね。

-ニュース

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.