オウム死刑囚早川、新実は手記で何を語ったか オウム事件の真相究明とは - まるまる録

ニュース

オウム死刑囚早川、新実は手記で何を語ったか オウム事件の真相究明とは

投稿日:

早川紀代秀元死刑囚(68)と新実智光元死刑囚(54)が、事件への反省と謝罪を手記で書き残していたことがわかりました。

彼らは死刑を意識したその手記の中で一体何を語ったのでしょうか。

スポンサーリンク

市民団体が手記を公表

これらの手記は、市民団体「死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90」が25日付の会報で公表したものです。そのためなのか、死刑制度への疑問の表明が目につきます。

オウム早川の手記

早川元死刑囚は6月7日付の手記で、死刑制度について「国民が殺生のカルマ(業)を負うので、やめるべきと思います」と指摘したといいます。

また、実行役の一人、医師であった林被告が無期懲役となった地下鉄サリン事件を念頭に「自分では一人も殺していない者が死刑で、自分で二人も殺している者が無期というのは、どうみても公正な裁判とは言えません」と判決に疑問を述べました。

一方で事件そのものについては「申し訳なさは、事件発覚から23年たった今も薄れることはありません。真理のため、救済のためと思って戦い、テロを実行して得られたものは苦しみと悲しみでした」と振り返った。

新実の手記

新実元死刑囚は、5月以降に法務省に出したとみられる恩赦関連書類を市民団体にも送付していたといいます。

その書類で事件については「私たちの徳が無かった、霊性と知性が足りなかったのでしょう。深く反省しています」と記載しており、死刑については「どんな悪人であろうが、生きて償うことの方が、慈愛に満ちた行為の選択」「私は自分の命を大切にし、他者の命を大切にすることを誓願します」などと執行への疑問をつづったといいます。

市民団体には「自分に万一のことがあれば(記載内容を)公表してほしい」と伝えており、そのため、これらの手記が公開されたようです。

 

死刑及びオウムの「真相究明」について

死刑を行う行わないということに関しては、海外を含めてさまざまな論議があります。

また、通常の犯罪ではなく、これまでに類がない「カルト」の引き起こしたテロということで、麻原他の13名には死刑を行わず生かしておいて、研究材料としてはどうかなどの意見も聞かれました。

それと同時にオウムの事件の「真相究明」を求める人とその団体があるということです。

なお、オウムの事件の真相究明については、江川紹子さんが次のように述べています。

お題目のように「シンソーカイメー」を唱えるのはやめて欲しい。刑事事件としての真相は、裁判でほぼ解明されている。
「真相は闇の中」と言う人は、裁判やその記録をどの程度見てきたのか、と思う。麻原彰晃こと松本智津夫が、精神鑑定も受けられないまま死刑が確定し、執行されたと、本気で信じている人が多くて驚く。東京高裁の決定を読んでみることをお勧めする。

当然ながら、刑の確定までには長い年数をかけて裁判が繰り返し行われたことなどが、twitterで上のように述べられています。

手記の内容に思うこと

早川と新実の手記の文面を見てみますと、謝罪の言葉は書かれています。しかし、同時に述べられているのは、自分たちの助命の嘆願です。

しかし、彼らは、同じように命を持つ人、また自分たちとは何の利害関係もない人たちを助命の機会すらなく殺害したということを忘れてはなりません。

あるいは、坂本弁護士の妻は「子供だけは」と嘆願したことが公判で明らかになりましたが、当時1歳の長男も殺害されて埋められました。その残忍さは到底一時の誤りだけでできることではないのです。

早川の写真に見る残忍性

坂本弁護士殺害の時に、自宅に侵入した早川と村井は手袋をしていなかったといいます。
そのため麻原が指紋を除去するように命令。各自が、フライパンで指紋をなくすまで、指の先を焼いたといいます。

指に熱傷を負った早川が、手指の保護のために手袋をしている写真が、下のものです。

https://www.dailyshincho.jp/article/2018/07190700/?all=1

人が人を殺めるということの恐ろしさ、その代償は甘んじて受けなければなりません。
26人を殺害したとされる新実元死刑囚の「(自分の)徳がなかった」は聞くまでもありません。彼らは、人殺しが許されることだと思ったからそうしたのであり、恩赦を嘆願するということは、死刑を宣告されてなお、そう思い続けていたということに他なりません。

13名の死刑囚の中で、控訴を行わなかったのは土谷元死刑囚だけでしたが、それとても、土谷がサリンを製造しなかったら、松本サリン事件、地下鉄サリン事件合わせて21名の被害者は、他者の手によって命を失うことはありませんでした。

-ニュース
-

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.