オウム麻原死刑囚 海に散骨に4女弁護士が国の支援要請 - まるまる録

ニュース

オウム麻原死刑囚 海に散骨に4女弁護士が国の支援要請

更新日:

6日にオウム真理教の幹部信者6名と共に、死刑が執行された元代表麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚の遺骨は、四女が引き受け人となりました。

四女が太平洋に散骨すると表明するに当たって、今後の進め方が考慮されています。

スポンサーリンク

麻原の遺体と遺骨をめぐる親族間の対立

松本智津夫死刑囚(以下麻原死刑囚)の遺骨の引き取りをめぐっては、親族間で対立意見が相次いで表明されていました。

妻が板の引き取りについて、当局に配偶者に渡すべきだとする要求書を提出。その後、麻原死刑囚本人が、引き取りをする人として四女を挙げたと伝えられました。

しか妻側についた三女が、疑わしいとして反論を申し述べており、4女は身の危険を感じることを理由に、現在は遺骨は死刑の行われた東京拘置所に保管されています。

麻原死刑囚の神格化と聖地化を防止

なぜ、引き取り人が大切なのかというと、現在もオウムの後継団体には信者が1500人ほどおい、そのうち麻原死刑囚を教祖として帰依する信者も多数残っているため、麻原死刑囚の神格化、また、遺骨を埋葬した場所の聖地化が起こることが心配されているためです。

そのため、四女は弁護士のブログを通じて

「実母と長女以外の姉弟と信者たちに言いたいことがあります。もう、麻原教祖に依存するのは終わりにしませんか」

と呼びかけています。

その上で、四女側は太平洋に海洋散骨をすることを決めたようです。

親族の対立へ終止符

四女の代理人である滝本太郎弁護士は、「東京拘置所から四女が引き渡し先と言われているので、協議の必要はない」と、親族間の対立についての結論を述べています。

今後、妻側が裁判に訴える可能性もあるとも言われていますが、それについては、紀藤弁護士は「仮に裁判になった場合、松本元死刑囚が四女を指名したことを証明する書面などがなくても、話を聞いたのが刑務官となれば十分な証明力があり、四女側に遺骨が渡る可能性が高い」との意見を述べており、このまま四女の手によって、埋葬されることとなりそうです。

 

散骨に関して必要な警備と費用負担

今回の埋葬の代わりとなる散骨については、犯罪の抑止という点から行われるということ、さらに遺骨を奪還しようとする信者が話の動きが懸念されます。

遺骨のパウダー化と洋上での散骨

散骨をする際は、遺骨をそのまま撒くのではなく、粉上に粉砕するということになっています。

それに関しては、それを行う施設への移動中、また施設そのものや人員への警備などが必要になります。

さらに海について、散骨を行う船を出した後で、洋上で狙われる可能性も考えられなくはありません。

しかし、それらの移動中に回りを警備員や、警備の車、また、船で追尾をしたり、武装するなどということは、到底個人では不可能なことです。

そのため、滝本弁護士は次のように述べています。

「国相手に要請いたします。助けてください。松本元死刑囚の遺骨をパウダー化及び太平洋の不特定の地点から、船から散骨するについて、費用負担と業務をぜひお願いしたい。国として支援をお願いしたい」

まとめ

四女は、麻原死刑囚の娘であり、相続人として正当な遺骨の継承者です。

その上で、他の信者が遺骨を取り返そうという動きが懸念されるならば、何とかスムーズに散骨を進めるよう考慮していただきたいものです。

国がどのような支援を行うかが今後の注目点となるでしょう。

 

-ニュース
-

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.