「あたしおかあさんだから」につながる「イラついてごめん、でもいつか」にエール - まるまる録

ニュース

「あたしおかあさんだから」につながる「イラついてごめん、でもいつか」にエール

更新日:

こんにちは。まるです。
今日の朝日新聞の「声」欄には、話題になった「あたし、おかあさんだから」につながるような、お母さんからの子育ての心境を伝える投稿が掲載されました。

スポンサーリンク

育児中の「母」の心境を伝える投稿

投稿者は2歳児の子育て中の31歳のお母さん。

投稿のタイトルは「イラついてごめん…でもいつか」というものです。

 

投稿文内容

――子どもにごめん、家族にごめん。私の中はいつもごめんでいっぱいだ。

と投稿文は、子どもと家族への贖罪の言葉で始まり、息苦しさと、お母さんがいっぱいいっぱいの状態であることが伝わってきます。

――子どもと遊ぶのはつまらない。子どものためにご飯を作るのは面倒くさい。私の作ったおにぎりは残すのにコンビニのものは完食する。

2歳児と遊ぶのは、お母さんためではなく、子どものために「遊んであげる」ということになり「つまらない」と感じるようです。

ご飯はこれは、やはり大人のものと違って、子どもの食べられるもの、子どもの好むものを優先するようになってしまいますね。

――いつもいつも子どもが優先。

何をするにしても子どものことを考えなければならない。そう、この方は感じていて、なんといっても大変なのは、これがまだまだずっと続くということなのですね。

――夜はぐっすり寝たいし、ご飯もゆっくり食べたい。お風呂だってちゃんと入りたいし、トイレも自分のタイミングで行きたい。

ちょっとの間も気が抜けないことはとてもたいへんです。

思いを吐き出しながら、「お母さん」は「でも子どもは時に予想を超える反応を見せる」とも、子どもの反応を思い返していもいます。

――いつか笑って遊べる日が来るかもしれない。ありがとうで満たされる日が来ますよう。強くていつも笑っている母親になれますよう。今そんな気持ちで子育てをしている。

もう、謝らないで。

強いお母さんじゃなくてもいいじゃない。たいへんだなって思うのも自然じゃないのかな。

このままお子さんと進んで行ってほしいです。

子どもは必ず成長する

今が2歳ですから、もう少しすると幼稚園に入れることもできますし、仕事もすることもできるかもしれません。

子どもは必ず成長します。

その間はご自分を責めたりしないように。

だって、何もお母さんのせいじゃないもの。

 

投稿内容

イラついてごめん…でもいつか

主婦 佐々木梓(新潟県 31)

子どもにごめん、家族にごめん。私の中はいつもごめんでいっぱいだ。子どもは今2歳。子どもと遊ぶのはつまらない。子どものためにご飯を作るのは面倒くさい。私の作ったおにぎりは残すのにコンビニのものは完食する。

いつもいつも子どもが優先。夜はぐっすり寝たいし、ご飯もゆっくり食べたい。お風呂だってちゃんと入りたいし、トイレも自分のタイミングで行きたい。

イライラしてごめん。でも子どもは時に予想を超える反応を見せる。いつか笑って遊べる日が来るかもしれない。ありがとうで満たされる日が来ますよう。強くていつも笑っている母親になれますよう。今そんな気持ちで子育てをしている。

「あたしおかあさんだから」歌詞全文とその後の論調まとめ

-ニュース

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.