メダカ飼育 エビが夏の暑さで死んでしまう前に屋外水槽の暑さ対策を! - まるまる録

メダカ

メダカ飼育 エビが夏の暑さで死んでしまう前に屋外水槽の暑さ対策を!

更新日:

 

こんにちは。まるです。

忙しさに取り紛れて忘れているうちに、屋外水槽が暑さで危ないことに!

屋外水槽の真夏の暑さ対策について、お知らせします。

スポンサーリンク

ミナミヌマエビが暑さで死んでしまった

この間、ミナミヌマエビを買い足して来たばかりだったのですが、まだ30度くらいの気温だったのに、4匹のうち、暑さで2匹が死んでしまいました。

そのあと、1匹は水替え時に跳ねてしまったらしく、気が付かないうちに水槽の外でおだぶつに。

残ったエビは1匹だけとなってしまいました。

買ってきたばかりのエビは弱い

生き残ったのは前からいるエビの方で、死んでしまったのは新しく買ってきた方のです。

ホームセンターの水槽は屋内にあり、エアーも入っていて、温度が低めに保たれています。そこで生まれたエビも、温度変化に弱かったのだと思います。

エビの場合は、温度の安定している春や秋に買い始めた方がいいかもしれません。

水の少ない水槽は注意!

特にうちの場合は、水量が浅くて少ない水槽なので、水温の上昇が激しかったとみえます。

さらに、その日はたまた日の当たるところに置きっぱなしになっていた、とはいえ東側なので午前中だけなのですが、エビにとっては暑かったのでしょう。

一方メダカの方は食欲も旺盛で、今のところ心配はなさそうですが、この後は35度を越える気温となるので、暑さの対策はした方がよさそうです。

 

真夏の屋外水槽の暑さ対策

せっかく買ったエビが全滅してしまったら大変です。

考えられる暑さ対策をまとめてみます。

直射日光は避ける

この時期には直射日光は避けましょう。メダカが隠れるところもなくなってしまいます。

できれば、午前中に日が当たり、気温が上昇する午後には日が当たらなくなるような場所に移動できるのがよいです。

水槽は移動できるものが良い

何よりも、水槽を移動できるものにしておくのがよいでしょう。

重い水槽の場合は、すのこの下にキャスターがついたものなどがあると便利です。

下の丸形は、形がきれいで、室内でも使えそうです。

 

よしずなど日除けを利用する

 

小さめのすだれを買って、鉢に直接かけるのもいいと思います。

または、「よしず(葭簀)」だともっと広範囲に日陰を作ることができます。
すだれ(簾)と同じ材質ですが、垂らすのではなくて、地面において立てかけて使います。

通常は窓の外に立てかけることが多いですが、室内に入る光もそれでさえぎることができて、涼しく過ごせるというものです。

 

水を足す「差し水」や周囲に「打ち水」をする

こちらは手動の対策ですが、家に居る時には、暑くなる前の昼頃に、カルキを抜いた水を足すことにしました。

家に居ないときにはできませんが、できる時なら、もっとも良い方法だと思います。

同時に、メダカ鉢の周りに、水を散らせておく「打ち水」をすると、見た目にも涼しそうですし、若干気温の上昇を抑えることができるとも思います。

 

まだまだこれからも暑い日が続きますので、屋外のメダカには気を配ってあげてくださいね! 元気に夏越しができますように!

 

ペットボトルの水槽作り方 メダカ稚魚飼育におしゃれなボトルアクアリム

 

おすすめの水槽

-メダカ

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.