ミナミヌマエビをメダカの稚魚水槽に追加 混泳しても大丈夫 何より楽しい! - まるまる録

メダカ

ミナミヌマエビをメダカの稚魚水槽に追加 混泳しても大丈夫 何より楽しい!

更新日:

 

こんにちは、まるです。

ダイソーの100均のサラダボウルで作った水槽です。

この中に、今のところ、メダカの稚魚9匹が暮らしています。

この度、新しい仲間、ミナミヌマエビを追加することにしました。 だいじょうぶかな・・・ドキドキ。

スポンサーリンク

屋外水槽には成魚メダカとエビが混泳

 

 

屋外の水槽には、最初からメダカ9匹とエビ3匹が混泳していますが、混泳はだいじょうぶと言う通り、喧嘩をするとか、食べられてしまうとかはありませんね。

入っているのはミナミヌマエビという種類です。

 

 

他にもっとみめ麗しい(ごめんよ)エビもあるのですが、エビはメダカに比べると弱いんですね。

どう弱いかは後で書きますが、メダカよりも入れ替わりが激しくなるので、最初、飼育に慣れるまでは、とにかく丈夫な方がいいです。

 

エビとメダカの混泳のメリット

稚魚の場合は特に、どうしても餌の食べ残しが出ます。

食べ残した餌が水底に沈んだままになってしまうと、貯め水の水槽だと水が汚れてしまいますね。

エビを入れると、メダカの糞も含めて、不要なものを食べてくれるというメリットがあります。

それから、長く買っていると、どうしても水槽に緑色の「藻」が付くのですが、それもエビが食べてくれるということになっています。

エビを入れたからと言って、特に餌は増やしておらず、これまで通りなのですが、どうやら支障はないようです。

 

エビを入れるデメリット

しかし、生き物である以上、エビもフンをします。

 

周りに紐状に黒く散っているものがそうです。

で、これは結構たくさんで、このレイアウトだと目立つんですね。

なので、水替えの際に毎日掃除をすることにしました。

その時に使うのがこれです。

 

これは100円ショップで買ったものですが、どこにあるのかがわからなくて、店員さんに聞いて探してもらいました。

これで、底にあるゴミを掃除機を使うみたいに、ピンポイントで取り除くことができます。

そのあとで、また毎日水を足しています。

長く使うなら、楽天ショップで売っている、上部がゴムの方が摩耗が少なく、吸い込みが良いです。

毎日頻繁に使うので、注文してみました。

 

エビはとにかく楽しい

糞と掃除の手間が嫌だなと思う時は、もちろんエビは入れなくてもいいのですが、エビは、メリットデメリットはともかく、とにかく楽しいのでおすすめです。

なぜって、メダカと違って、仕草がとても可愛らしいのです。

メダカは時ひれを常パタパタさせるのが見えますが、エビの場合は、まるで空を飛ぶかのように泳ぐ・・・というより、瞬時に移動します。

ひゅーんという感じで、すごく早い!

動きのおもしろさ

あとは、水の中に居る時には、何か脚を動かしている時があります。これは餌を食べているのかな? 

後はなぜか水槽の底に「横になっている」時があって、死んじゃったのかとびっくりしたら、そうではなくて、「寝ている」ことがあるらしい。

石に上ったり、水草につかまったり、移動したりと、メダカよりずっとおもしろい動きをたくさんしてくれるので、見ていて飽きません。

ストレスで脱皮

ただ、その分、エビはメダカよりも弱いんですね。

脱皮をしている時が何回かあって、それも、人が洋服を脱ぐ時みたいで、見ていておもしろかったのですが、水質が変わると、ストレスで脱皮してしまうんだとか。

何か、その辺りもデリケートな生き物らしいです。

ですので、良く気を配ってあげなければなりませんが、飼っているとそれも楽しみなので、メダカと一緒に仲良く元気に暮らしてほしいです。

引き続き様子をお知らせしますね。

 

メダカの産卵から孵化までを知りたい方は下の記事からお読みください。

-メダカ
-

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.