新幹線殺傷事件 東大卒梅田さん出身高校の教育理念は「他者のために他者とともに」 - まるまる録

ニュース

新幹線殺傷事件 東大卒梅田さん出身高校の教育理念は「他者のために他者とともに」

投稿日:

東海道新幹線「のぞみ」内で突然起きた、3人殺傷事件。最初に襲われた女性をかばって梅田耕太郎さん(38)が犠牲になって亡くなりました。

梅田さんの出身高校の教育理念「他者のために、他者とともに生きる」、まさしくその通りの行動でした。

スポンサーリンク

東大卒の優秀な経歴

梅田さんは東大工学部大学院を卒業、プラズマや半導体などの電気工学分野の研究がご専門でした。その後の就職後は民間企業を経て29年4月から外資系の化学メーカー「BASFジャパン」(東京)で勤務。

大阪オフィスを拠点として営業のお仕事をされており、東京へ出張中に今回の事件に巻き込まれたそうです。

勇気ある行動をたたえる声が

事件を知った見知らぬ人からも、その死を惜しむ声、そして、勇気をたたえる声が絶えません。

出身高校は?

東大卒ということで、たいへん優秀な方であったと惜しまれています。
さらに、梅田さんの出身高校は、神奈川県でも有名な進学校の栄光学園と思われます。

栄光学園は中高一貫の学校で、偏差値71とも言われ、大変レベルの高い高校です。

「他者のために、他者とともに生きる」の教育理念

しかし、それよりも、この学校では、「キリスト教的価値観を基盤」とするということが教育理念として掲げられています。

栄光学園における6つのキーワードの一つは

MEN FOR OTHERS, WITH OTHERS

すなわち、「他者のために、他者とともに生きる」ということです。

亡くなられた梅田さんは、周囲から「正義感が強く、誰とでも仲良くなれる好青年だった」と言われています。

上記の教育理念が影響したかはわかりませんが、女性をかばって梅田さんが起こした行動は、まさしく「他者のため」であったことは疑いありません。

フジテレビの心ない報道とは

ところが、フジテレビでは「梅田さんが立ち向かって、容疑者を刺激して最悪の事態を招いてしまった」と事件の報道の際に言ったとそうですが、これはどういうことだったのでしょう。

警察の見解を伝えたというが

問題の番組は、10日放送のフジテレビ系『Mr.サンデー』。

「梅田さんが立ち向かったおかげで、多くの乗客が助かったという見方」と「梅田さんが立ち向かって、容疑者を刺激して最悪の事態を招いてしまった」と、警察の見解を伝えた。 http://biz-journal.jp/gj/2018/06/post_6925.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

 

とのことで、もちろん悪意あってのことではありません。
しかし、それについてビジネスジャーナルでは「警察はあらゆる可能性を想定して述べていること」なので、それを公の放送で報道するかどうかは、また別の問題であり、番組の配慮が足りないとの見方を述べています。

そして、その報道が多くの批判を受けたのは、とても残念なことです。

 

梅田さんは、ご夫婦で二人暮らしであったとされていますが、ご遺族の悲しみは察するにあまりあります。
その行動をたたえ、静かにご冥福をお祈りしたいと思います。

 

クリックで応援よろしくお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ
にほんブログ村

-ニュース

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.