スマホの「4年縛り」がなくなる?! 他社への乗り換えも自由に! - まるまる録

ガジェット ニュース

スマホの「4年縛り」がなくなる?! 他社への乗り換えも自由に!

更新日:

 

4月に公正取引委員会の調査が始まっていた、スマホの販売手法「4年縛り」に対する見解が近く公表されることになりました。

これまでの何が問題だったのか。それから今後、スマホユーザーにどういう変化が期待できるのでしょうか。

スポンサーリンク

「4年縛り」とは何か

「4年縛り」とは、スマートフォンで4年間の分割払いの購入契約を結び、2年後に機種変更して契約を更新すると、残り2年分の残額が免除され、割安で最新モデルのスマートフォンを使えるという販売方式です。

「一部の携帯大手」として、プラン名は明らかになっていませんが、この方式を取っているところは、ソフトバンクとauのプランと言われています。

何が問題点だったのか

「4年縛り」の問題点とは、消費者の選択肢を奪う、顧客の不当な囲い込みにあたるという点です。

囲い込みとは、顧客を他社に取られないよう確保することで、格安スマホ事業者(MVNO)事業者が、競争に参入できないということが問題であるとされました。

これまでは、「4年縛り」があることで、競合する他社の「取引妨害」と、他社排除の「私的独占」となってしまっていたのです。

そして、利用者は一見得だと誤解しがちな「半額」等の契約条件は、下に記すようなデメリットがあります。

それらをユーザーにきちんと説明せず、「半額」や「免除」が強調されることには、景品表示法違反となるということです。

 

ユーザーにとってのデメリットは?

契約のときに、2年は無料になるということは、一見お得で良いように思えてしまいます。

しかし、2年後に更に契約する際に、次の4年を契約すれば、またそのうちの2年が免除となるようなしくみになっているのです。

結局「免除」を受けるために、利用者はずっと同じ会社と契約を続けることになってしまっていました。

乗り換えが禁止されているわけではないのですが、これでは、実質的に契約の停止ができなくなってしまいます。

 

これまでの流れと今後

これらの他社メーカーへの影響と、利用者の不便を踏まえて、公正取引委員会が4月に問題視して調査を開始。

今後は「携帯電話会社に是正を促す」ということで、同様の「縛り」はなくなると思われます。

また、そのような契約内容を、初回の契約の時に、きちんと説明をする必要があり、今後は契約内容を説明するよう義務付けるために、総務省が電気通信事業法を改正するようです。

 

まとめ

今後は、利用者が、目先の料金の割引にとらわれることなく、他社とのプランを比較の上で、自分の利用に合ったプランを自由に選択できるようになります。

今や生活に欠かせないスマホの選択肢が広がることが期待できそうです。

-ガジェット, ニュース

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.