ピーターラビットが映画になった!5月18日全国一斉ロードショー - まるまる録

レジャー 未分類

ピーターラビットが映画になった!5月18日全国一斉ロードショー

更新日:

大好きなピーターラビットが映画になりました。5月18日から公開です。
映画「アニー」の監督さんだそうですよ。どんな映画なのでしょうか。

スポンサーリンク

映画「ピーターラビット」あらすじ

ビアトリクス・ポターによるイギリスの名作絵本「ピーターラビット」をハリウッドで初めて実写映画化。たくさんの仲間に囲まれ、画家のビアという優しい親友もいるウサギのピーター。ある日、ビアのお隣さんとして大都会のロンドンから潔癖症のマクレガーが引っ越してくる。マクレガーの登場により、ピーターの幸せな生活は一変。動物たちを追い払いたいマクレガーとピーターの争いは日に日にエスカレートしていき、ビアをめぐる恋心も絡んで事態は大騒動に発展していく。

キャスト

ビア役は「ANNIE アニー」「X-MEN:アポカリプス」のローズ・バーン、マクレガー役は「スター・ウォーズ」シリーズのドーナル・グリーソン。CGで描かれるピーターの声を「ワン チャンス」「イントゥ・ザ・ウッズ」のジェームズ・コーデンが担当し、デイジー・リドリー、マーゴット・ロビーら人気俳優が声の出演で参加。「ANNIE アニー」「ステイ・フレンズ」のウィル・グラッグ監督がメガホンをとった。

 ピーターラビットオフィシャルサイト

作者ビアトリクス・ポターとは

裕福なイギリスの家に生まれた少女は、当時の裕福な習慣で学校に行かず、自宅で家庭教師によって教育されました。
孤独な環境で動物やきのこを題材に絵を描き始めた少女は、のちに親類の子どもにウサギの絵の入った手紙を書いたのがきっかけで、ピーターラビットが世に出るようになりました。
ですが、ポターは結婚後、絵本はやめてしまい、羊の養育に専念。
同時に湖水地方に広い範囲の土地を買って、その自然の保全に努めました。
今でもピーターラビットの童話の舞台となった土地が、自然豊かなままに残っています。
ビアトリクスの生涯

映画の中で湖水地方の景観も堪能できそうです。
かねてより、世界中でいつか行ってみたいところのひとつです。

クリックで応援よろしくお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ
にほんブログ村

-レジャー, 未分類

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.