アニメ映画『かぐや姫の物語』で「待つとし聞かばいざ帰り来む」の掛詞を再現した素晴らしい英訳とは? - まるまる録

レジャー 未分類

アニメ映画『かぐや姫の物語』で「待つとし聞かばいざ帰り来む」の掛詞を再現した素晴らしい英訳とは?

更新日:

twitterで下の興味深いツイートを見つけました。アニメ映画『かぐや姫の物語』で掛詞を再現した素晴らしい英訳があるというのです。

スポンサーリンク

 『かぐや姫の物語』のツイート

かぐや姫の物語はロンドンで字幕付きを観ました。作品そのものもさることながら、一番衝撃を受けたのは「まつとし聞かば今帰り来む」の英訳が素晴らしかったことです。
ご存知の通り、この詩は「まつ」が「松」と「待つ」の掛詞になっています。なんと英訳でもこの掛詞が成立していたのです。

日本語の方は、「待つとし聞かば今帰り来む」
その素晴らしいと言われる英語の翻訳の方が知りたいですね。

英語の方は? 

その英語の方を探したら、同じ方のツイートに見つかりました。

日本語は「待つとし聞かばいざ帰り来(こ)む」

意味は
「あなたが待っていると聞いたなら、今すぐにでも帰って来ましょう。」

その英語訳が

If I hear that you pine for me, I shall return to you at once.

「pine for 」は、誰か・何かを恋しく思う、思い焦がす 

の意味です。

日本語の「待つ」というのは、この場合、単にバスや電車が来るのを待つということではなく、人を恋しく思いながら慕い待つということで、それにあたるpineという動詞が選ばれたのですね。

掛詞とは?

「待つ=松」というようなもので、同じ言葉で違う意味を持つものを、並べて、その意味の変転を楽しむものです。

日本語:
「待つ=松」

英語:
「pine(待つ)=pine(松)」

と思いついたというところが、素晴らしいのですね。

アニメ映画「かぐや姫の物語」は、高畑勲監督の作品です。
家族で楽しみたい映画です。

-レジャー, 未分類

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.