ギターの老舗ギブソンが倒産! ギブソンアコギの硬質の音色はもう聞かれない?! - まるまる録

ニュース 未分類

ギターの老舗ギブソンが倒産! ギブソンアコギの硬質の音色はもう聞かれない?!

更新日:

ギターファンにはショックなニュースです。
ギターの代名詞、ギブソンギター倒産のニュースです。
山崎まさよしさんも秦基博さんも使っている、ギターの老舗ブランドですが、最近も、業績の不振が報道されていたばかりです。

以下、朝日新聞の報道記事より。

ギター老舗ギブソン、破産法申請 不採算事業から撤退へ

高級エレキギターで知られる米楽器大手ギブソン・ブランズ(本社・テネシー州ナッシュビル)は1日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を米裁判所に申し立てた。事実上の経営破綻(はたん)で、負債は最大5億ドル(約550億円)。これを機にオーディオ機器など米国外の不採算事業から撤退し、もともとの本業である楽器ビジネスに専念するとしている。

米ギター「ギブソン」苦境 米音楽市場でロック離れ加速

米国の音楽市場では、ギターをあまり使わない「ヒップホップ」が人気を集める一方、ロック音楽が低迷し、エレキギター市場も縮小傾向が続いていた。ギブソンは「ギブソン・ギター」から社名を変えてビジネスを多角化。オランダ・フィリップスのオーディオ事業や、日本の音響機器会社ティアックなどの買収を重ねたが、負債が膨らんで経営を圧迫していた。

 今後は、債権者に株式の持ち分を渡すなどして債務を整理する。すでに債権者の69%が再建案に同意しているという。ヘンリー・ジャスキビッツ最高経営責任者(CEO)は「中核ビジネスの楽器に再び集中すると決めたことで、経営は長期的に安定すると信じる」とコメントした。

 ギブソンは1894年創業の老舗で、エレキギターでは米フェンダーと並ぶ有名ブランド。エリック・クラプトンやジョン・レノン、「レッド・ツェッペリン」のジミー・ペイジら、世界の著名ミュージシャンがギブソン製ギターを愛用し、日本にもファンが多い。

もう生産されないのか?

記事内に「これを機にオーディオ機器など米国外の不採算事業から撤退し、もともとの本業である楽器ビジネスに専念するとしている」とあるように、ギターの生産それ自体は、続けられるようで、ファンとしてはちょっとほっとするところです。

なお、往年のギルドギターは、現在はフェンダーの子会社となっています。

このギターは家にも一台ありますが、いつ生産中断になるかわかりません。
今はいっそう、我が家のこのうえない貴重品となっています。

母の日にお母さんに花を贈ろう!

このスカーフも、私ならぜひ欲しい!

クリックで応援よろしくお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ
にほんブログ村

-ニュース, 未分類

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.