ハリル通訳・涙の樋渡群氏を「バイキング」が「笑い者」に ツイッター上での抗議と批判「失礼極まりない」の声 - まるまる録

ニュース 未分類 芸能界

ハリル通訳・涙の樋渡群氏を「バイキング」が「笑い者」に ツイッター上での抗議と批判「失礼極まりない」の声

更新日:

サッカー日本代表監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏の通訳をつとめてきた樋渡群(ひわたし・ぐん)氏について、会見中に涙する場面をおもしろおかしく取り上げた、バラエティ番組「バイキング」(フジテレビ系)に批判が集まっているようです。

スポンサーリンク

ハリルホジッチと樋渡氏21日の会見の様子

樋渡氏は、監督としてフランスの名門パリ・サンジェルマンのU-12(12歳以下)チームを率いた経歴を持つ方。
同時期にハリルホジッチ氏がトップチームの監督だったこともあるそうです。

樋渡氏が世間に注目されたのは、解任されたハリルホジッチ氏が来日した2018年4月21日、羽田空港で取材に応じた時。ハリルホジッチ氏が今の心境を述べ、それを通訳しようとした樋渡氏は「日本に来るのは、いつも、喜びを持っていますけど...」と述べたところで、声をふるわせ、涙を手で拭った。10数秒言葉を発せず、ハリルホジッチ氏も目元を隠すようにサングラスをかけ、天を仰いだ。

 25日の番組「バイキング」での取り上げ方は?


「自分の戦術も選手に言っちゃってるんでしょ、バレないと思って」「え?ここで泣いちゃうの?と、笑いをこらえると言ったら失礼ですけど、なんで泣くのかなとあっけにとられて」「ハリルさんが選手に『お前何やってんだ! もっと走れよ! 休んでんじゃねえよ!』って言ったら、樋渡さんも同じテンションで『お前よお! 休んでんじゃねえよお!』って...これダブルでムカつくわ!」「確かに、ホントその気持ちになって、自分の戦術も選手に言っちゃってるんでしょうね、バレないと思って。言ってそうな気がする。絶対言ってる」「監督がいなくなったら俺(樋渡氏)が監督やればいいんだから!」
番組内で「笑い者」として取り上げた部分は、ハリルホジッチ監督と樋渡氏の一体感をもじったもののようです。

「試合中にハリルホジッチ監督より先に審判に抗議した」「練習中にハリルホジッチ監督と同じように熱く選手を指導した」。スタジオでは手を叩いて笑いが起き、小木さんは「腹立つわ~」、坂上さんは「面白い! この人面白いね!」と一言入れた。

ツイッター上での抗議と批判

このような番組のやり取りに、ツイッター上では「なぜ笑う」「実に腹立たしい」「これは酷い。酷すぎる」「一生懸命頑張った人を、茶化して笑うもんじゃあないよ」「失礼極まりないです。これを見た瞬間、正直がっかりしました」と疑問の声が続々とあがった。
樋渡氏の教え子という早稲田大学蹴球部の中山尚英さんは、

(樋渡)群さんには小、中学時にサッカーを教わり、僕が怪我した時は1冊の本をいただき、励まして下さった。情熱に溢れ、人との関わりを大事にされており、僕の尊敬する方の一人。一般的な立場から見ても、日本サッカー界に大きな貢献をした彼に対して、どこにバカにできる要素があるのか、わからない


とツイッターで発言したそうです。見るに見かねられたのでしょうし、直接の交流があり、尊敬される方ならば尚更です。

まとめ


テレビというメディア側に居る人たちが、同じメディアに上がった人を叩くというのは、あり得ない構図ではなさそうです。

が、ハリルホジッチ氏解任は、いわゆる「事件」ではないため、その場合の取り上げ方というのは、中立的であるのが望ましかったと思います。

当然ながら、そのような事柄に関しては、見る人の思惑も様々です。

そもそも、解任と会見とでは直接の関係があるものではありません。番組では、突っ込みどころがなかったということなのでしょうが、まずは、バラエティーで取り上げてもいいネタなのかどうかの分別を誤ったというところに原因がありそうです。

クリックで応援よろしくお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ
にほんブログ村

-ニュース, 未分類, 芸能界

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.