幸という字は何を表す? 手かせか人との交わりか 意外な答え! グッドモーニングことば検定 - まるまる録

ことば検定 未分類

幸という字は何を表す? 手かせか人との交わりか 意外な答え! グッドモーニングことば検定

更新日:

おはようございます。まるです。
今日の4月6日の言葉検定は傑作選です。

4月4日は「し」と「し」が合わさる幸せの日。

そこで、今日の問題は
幸という字は元々は何を表していた?
です。

スポンサーリンク

今日の問題

幸という字は元々は何を表していたか?

 青  人との交わり

 赤  手かせ

 緑  上司のミスで割りを食う


正解

 赤  の 手かせが正解です。

 なお、 緑  上司のミスで割りを食うのは「幸せ」ではなくて「しわよせ」だそうです。
うーん、どうせなら幸の方に寄ってきてほしいところですが。皺には寄られたくないなあ… そういうお年頃です。

解説

幸せという字は、古代中国の絵文字では、元々腕が真ん中にあり、その上下は木の手かせを表すものでした。
その由来はというと、古代中国に残酷な刑罰が多かったため、「手かせ」程度なら運がいいということで、手かせ→幸せとなったというのです。
びっくり仰天の答えですよね。

幸せという字が偏として使われている字

もうひとつ、幸が左側に偏として使われている漢字も多々ありますが、
 は両手を差し出している手かせをはめられている絵から来ており、そのため、刑罰に由来する「執行」の執がその通りの意味ですね。
そして離れることのできないという意味の「執念」も、やはり手かせからきているということなのですね。
ずっとお伝えしていることば検定の中でも、今日の答えはかなり意外な、しかし面白いものでした。
「幸せ」という元々の意味は、積極的に現状を肯定するものではなく、苦しみの中にあって見いだす、つつましくもささやかな救いのようなものであるということを、初めて知りました。
よく、「ささやかな幸せ」と言いますが、まさしくその通りの意味だったのですね。
それでは、皆さま、今日もお元気でお過ごしくださいね!

クリックで応援よろしくお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ

にほんブログ村

SPRING SALE 5-50%OFF|新しいクーポンが続々登場
2018年3月7日(水)12時00分から2018年5月6日(日)23時59分(日本時間)まで。パソコン、家電、食品ほか。 

-ことば検定, 未分類

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.