性格診断アプリに要注意! フェイスブック情報流出を避けるためにできること3つ - まるまる録

ガジェット ニュース 未分類

性格診断アプリに要注意! フェイスブック情報流出を避けるためにできること3つ

更新日:

「診断系アプリ」を使うと、フェイスブックの情報など個人情報が流出してしまうという新聞のニュースです。

スポンサーリンク

診断系アプリでデータを収集される

 「あなたはみんなからどのように思われているでしょう?」

と問われたら、気になりますよね。

そこで思わずリンク先にアクセスすると、フェイスブックでログインするかを確認する画面が登場。

アプリが受け取る情報一覧、「プロフィル、友達リスト、メールアドレス、写真」などが表示されるのだそうです。

そしてその下に利用規約が表示はされるのですが、英語やドイツ語だったりします。

診断結果は友達とシェア

さらに、ログインして操作を続けると、「プロフィルを分析……」と画面が切り替わり、「これがあなた」との診断結果。

 「愛する人を守る人 大きな心を持つ人 義理堅いです 優雅 少しクレージーな人」

診断結果は友達とシェア(共有)できる仕組みだ。ほかにも「あなたのIQは●●並み」「あなたの人生に起きる出来事は?」などなど。

そして、その結果を共有することで、そこからさらに個人情報が伝わってしまうという仕組みです。

日本で10万人分の情報漏れ アプリ利用者104人

以下朝日新聞より

アプリ側が悪用も

 FBの情報を外部提供すると、どうなるのか。FB日本法人は「アプリの開発者に委ねている」と話し、関知していないという。
 「フェイスブックが危ない」の著書がある明治大学ビジネス情報倫理研究所客員研究員の守屋英一さんによると、診断系アプリを使うと、アプリ開発者に年齢やメールアドレスといった個人情報が収集され、ほかに転売されたり、不正アクセスに利用されたりするおそれがあるという。
 FBの会員情報の大量流出の元になったとされているのも、こうしたFBの機能を利用した「性格診断アプリ」だ。米メディアなどによると、英選挙コンサル会社が大学教授と協力。アプリで利用者に答えてもらい、友人の情報も集め、投票傾向に関する数千万人規模のデータを入手した疑いがある。これを基に会社はトランプ陣営に助言し、有権者に効果的なメッセージを送り続けたとされる。
 FB日本法人は5日、日本利用者も最大10万948人分の情報が漏れた可能性があると明らかにした。原因のアプリをインストールしていたのは104人という。

個人でできる対策は

画面上のクリックもタッチも一瞬です。
自分でも気をつけられることとしては

・アプリを通じて外部にわたる情報をしっかりと確かめること
・プロフィルや友達のリストなどが外部に出ないように設定する
・警告のメッセージなどに注意して、そこから先には進まない

外部へつながるサイトを利用するときには、
「情報は共有されているという認識を持ち、アプリに不要なアクセスはしない」
<情報セキュリティ大学院大学の湯浅墾道教授(情報法)>ということを、意識しておくのがよさそうです。

新学期と新年度、自分と友人の大切な個人情報を守りながら楽しく利用していきましょう。

SPRING SALE 5-50%OFF|新しいクーポンが続々登場
2018年3月7日(水)12時00分から2018年5月6日(日)23時59分(日本時間)まで。パソコン、家電、食品ほか。 

クリックで応援よろしくお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ
にほんブログ村

-ガジェット, ニュース, 未分類

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.