映画『火垂(ほた)るの墓』主人公の妹節子が死んだのは清太の自己責任なのか考える - まるまる録

未分類

映画『火垂(ほた)るの墓』主人公の妹節子が死んだのは清太の自己責任なのか考える

更新日:

13日、日本テレビ系で「火垂るの墓」が放映されました。
原作者野坂昭如。監督は先日亡くなった高畑勲さん。
戦争に翻弄される兄と幼い妹を描いたものです。

ところが、その映画の感想に、主人公の苦境は「自己責任」というネットの感想が多く見られるそうなのです。

スポンサーリンク

火垂るの墓内容

『火垂るの墓』(ほたるのはか)は、野坂昭如の短編小説。野坂自身の戦争原体験を題材した作品である。兵庫県神戸市と西宮市近郊を舞台に、戦火の下、親を亡くした14歳の兄と4歳の妹が終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとするが、その思いも叶わずに栄養失調で悲劇的な死を迎えていく姿を描いた物語。愛情と無情が交錯する中、蛍のように儚く消えた二つの命の悲しみと鎮魂を、独特の文体と世界観で表現している。

火垂るの墓あらすじ 

主人公・清太と妹の節子は、父親の出征中に空襲に遭い、母親を亡くす。
親戚のおばさん宅に身を寄せるが食事の内容に差をつけられたり、「疫病神」と嫌みを言われたりすることに耐えられず、横穴で2人きりの生活を始める。
しかし、節子は栄養状態が悪化し、やせ衰えて死ぬ。

自己責任論とは?

 ネット上には戦争のむごさを改めてかみしめる感想が並ぶ一方で、悲劇を招いたのは「自業自得」「我慢しろ、現実を見ろ」など、弱者であるはずの清太の問題点を強調する言葉も目立ったといいます。

つまり、主人公は親類の家での冷たい仕打ちに耐えるべきであったとのことなのでしょう。

高畑監督は論調を予測

1988年公開当時の高畑監督のインタビューが、こうした批判を見越したかのようで、「予言めいている」と注目を集めることになりました。
公開当時に「アニメージュ」誌(徳間書店)に掲載された高畑監督のインタビュー記事からです。(88年5月号)
監督は「心情的に清太をわかりやすいのは時代の方が逆転したせい」と語る。清太の行動は現代的で、戦争時の抑圧的な集団主義の社会から「反時代的な行為」で自らを解き放とうとしたと、観客が共感できると考えていたとうかがえる。一方で、こう続ける。

もし再び時代が逆転したとしたら、果(はた)して私たちは、いま清太に持てるような心情を保ち続けられるでしょうか。全体主義に押し流されないで済むのでしょうか。清太になるどころか、(親戚のおばさんである)未亡人以上に清太を指弾することにはならないでしょうか、ぼくはおそろしい気がします。

映画ライターの佐野亨さんは「戦時下の混乱のなか、自分が清太だったらどんな判断ができるのか。そういう想像力の欠如が弱者へのバッシングにつながり、全体主義をよみがえらせかねない。高畑監督はそこまで予見していたのでしょう」と話しているそうです。

思うこと

映画の中では清太は、一緒に連れて出た妹を愛情をもって世話をし、困難な状況を精いっぱい生きる様子が描かれています。
もちろん、戦争という時代と状況の中においては、自分自身の命をを守るためにも、やむなく我慢が必要だということも、誤った意見ではないと思います。
映画はすべてが実体験ではなく、防空壕で生活したなどは実際にはなく創作なのですが、主人公が精神的な虐待から妹を守ろうとしたという心情は、現代では評価がされないということなのでしょう。
それと「自己責任」という言葉は、これはおそらく本来ではもう少し違った意味での言葉なのだと思います。

よかれと思ってやったこと、それが思ったのとは違う結果になったということは、原因が行動にあるということには違いありませんが、それらのすべてが自己責任と呼びならわされるものではありません。
朝、渋滞を予測して5分遅れて家を出た。そうしたら、たまたまその時間に起こった事故に巻き込まれてしまった。
それは、その人の自己責任でしょうか。
生活する上では、人の知を越えることもたびたび起こります。その人の能力を尽くして回避しようと思っても避けられないこともあるのです。
他の人から見れば、「そんなことわかって当然だろう」と思っても、その人になってみればできないこともある。
この映画の場合は、私などから見ますと、清太はまだ少年であり、社会的「弱者」の方に入ります。
本来は守られるべき立場であり年齢層の人が、困難な状況の中で、自分を守ってくれる人を見い出せない。その時点で、それ自体が一つの悲劇であります。
戦争の中の悲劇というのは、どのように知を尽くそうとも免れない。
それが戦争の恐ろしさであり、この映画のテーマはそこにあるのだと思います。

クリックで応援よろしくお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ
にほんブログ村

-未分類

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.