林の語源は何? 森との違い グッドモーニングことば検定林修先生 - まるまる録

ことば検定 未分類

林の語源は何? 森との違い グッドモーニングことば検定林修先生

更新日:

おはようございます。まるです。
4月3日の今日は、愛林の日。
全国の林さんを愛する日、またまた林先生~
もとい、樹木を大切にする日。
植樹業者が昭和8年に樹木を大切にする日としてはじめたものだそうですよ。

そこで今日は
林の語源は何か?
という問題です。

スポンサーリンク

今日の問題

林の語源は何か?

 青  生やす

 赤  葉や枝(はやし)

 緑  関西の”はやくしなさい”

正解

 青  の 生やす が正解です。

    緑  はというと、大阪弁の「はよしぃ」だとか。考えたスタッフさんは関西の方なんでしょうか。
名古屋弁では「はよしいや」。ということは、林先生は名古屋ご出身かゆかりのある方らしいです。

解説 林と森の違い

林と森の違いはというと、木が多い方が森だと考える方が多いかもしれませんが、木の数には明確な基準はないのだそうです。

たとえば、川棚の「クスの森」と呼ばれるところは、木は楠が一本のみ。
一本でも「森」と呼ばれる場所となっています。

森は「盛る」と語源が同じで、盛り上がって見えるということが語源です。
一方、林は人が植えた木が集まっている場所を指す言葉。なので、「生やす」が名詞になって「林」になったのですね。

これからは緑がきれいになる季節です。野山の散策も楽しみたいですね。
それでは皆様、今日もお元気でお過ごしください!

こちらは男性用。入学や卒業のお祝いに。名前が入れられる財布

クリックで応援よろしくお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ
にほんブログ村

-ことば検定, 未分類

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.