月の由来は何?ことば検定 夏目漱石はアイラブユーを「月がきれいですね」との訳 - まるまる録

ことば検定 未分類

月の由来は何?ことば検定 夏目漱石はアイラブユーを「月がきれいですね」との訳

更新日:

おはようございます。まるです。
今日はポイント2倍の春休み傑作選です。

5月11日は、萩原朔太郎の亡くなった、朔太郎忌です。
大正6年刊行の朔太郎の代表作を集めた詩集「月に吠える」は、森鴎外に絶賛されました。
今年は「月に吠える」の刊行から100年です。

そこで今日は月に関連して、

月の由来は何?

という問題です。

スポンサーリンク

今日の問題

月の由来は何?

 青  搗く

 赤  

 緑  たまに太る

正解

 赤  の が正解です。

 緑 はというと、「時に肥える」

「皆さん忘れてください」というのが、林先生のコメントです。スタッフさん頑張りましたよ!

解説

日本の古代の神話の「アマテラス」と「ツキヨミ」の神もそうですが、陰と陽を思い出してもわかるように、月と太陽は対の存在でした。
太陽ほどではないけれども、太陽の次に、明るく照らしてくれるという意味で、
「次」→「月」になったそうなのです。
とても意外でした。
なお、夏目漱石の月に関するエピソードとして、「アイ・ラブ・ユー」の訳は夏目漱石によると「月がきれいですね」だったという逸話が伝えられています。
学生が「アイ・ラブ・ユー」を直訳しようとすると「そんな言葉は日本語に存在しない。『月がきれいですね』とでも訳しておくのがよい。」と言ったとか。
うむむ、明治時代や大正時代はともかく、現代はちょっと違うものを期待しますね。。。
月ばかりほめていてはだめですよ。夏目先生。
それでは皆様、今日もお元気でお過ごしください!

こちらは男性用。入学や卒業のお祝いに。名前が入れられる財布

クリックで応援よろしくお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ
にほんブログ村

-ことば検定, 未分類

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.