ベッキーがCMに出ていたシェアハウス「かぼちゃの馬車」のトラブルとは - まるまる録

ニュース 未分類

ベッキーがCMに出ていたシェアハウス「かぼちゃの馬車」のトラブルとは

更新日:

ベッキーがCMに出ていた女性専用のシェアハウス「かぼちゃの馬車」がトラブルになっていると言います。
タレントさんの責任ではないとはいえ、一般の会社員が破産に至るシェアハウス投資とは、一体どんなものだったのでしょうか。

スポンサーリンク

シェアハウス投資の内容

「かぼちゃの馬車」を経営するスマートデイズは、オーナーとなる人を勧誘し、その人に銀行から1億円前後の融資を受け、その資金を使って、シェアハウスを建設させました。
それをスマートデイズ社が一括して借り上げ、オーナーには30年間の定額の家賃支払いを保証、つまり、部屋を借りる人がいてもいなくても、オーナーには家賃保証、たとえば毎月70万円を渡すというような契約をするわけです。
オーナーは、それで銀行から借りた1億を返済するための、月50万円のローンを支払うということになります。
オーナーの手元には、20万円が残り、それがオーナーの利益となるはずでした。

家賃が支払われず破産の恐れも

ところが思ったほど借りる人がいなかったため、会社側は、オーナーに支払うお金が無くなってしまったのです。どうしてかというと、シェアハウスの部屋を借りたいという人が、集まらなかったというのが理由です。
なので、オーナーはローンの返済ができなくなり、あわや、破産というところに追い込まれてしまったのです。
現在はオーナーが会社を刑事告訴の準備中。
会社の責任と同時に、ローンを貸した銀行にも問い合わせが行き、調査中となっています。
投資話には思わぬ落とし穴があるものです。皆様も不動産投資はくれぐれも慎重に検討してくださいね。


-ニュース, 未分類

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.