佐藤エリさん 極貧の子供時代は子供の責任ではない - まるまる録

未分類 芸能界

佐藤エリさん 極貧の子供時代は子供の責任ではない

更新日:

雑誌non-noのモデルの佐藤エリさん、今日4日に「あっこにおまかせ」に出演。

あまりにきれいな方なのでネットで調べていたら、「超やりまくっている」との見出しが! 

スポンサーリンク


え、え、こんなにきれいなエリさんが、ショック!

と思ったら、それは体型を保つための「運動」のことなのだとか。

ホッ。一安心でした。

佐藤エリさんの美しさはハーフであることから

父がスペインとロシアのハーフ、母は日本人ということは、佐藤さんはハーフなのですね。
お肌が透き通るように美しいのは、もしかしたらそのためなのでしょうか。

ただし、ご本人がおっしゃるには、「骨太でハーフ特有の太りやすい体質」だそうで、そのため運動と食事制限を頑張っておられるのだとか。

モデルという職業の方は、やはりいろいろな努力をされているのですね。
美しさというのは、持って生まれたものだけではなくて、維持してこその美なのですね。

佐藤エリさんの極貧の過去

以前のテレビ出演で明かされたように、子供時代はとても貧乏だったとか。

食べ物がなくて、お腹が空いたらイナゴを食べていた、またはけがをしたらドクダミ塗ったとかのエピソードを明かされていました。

ご両親とは暮らしていなくて、栃木県の家でお祖母さんと二人で暮らしていたようです。ご両親、またはそのどちらかに借金があって、一緒に暮らせなかったそうなのですね。

家族に借金があるとどうなる?

佐藤さんの場合はそれ以上はわかりませんが、うちの叔父にもそういう人がいまして、「妻子を家に置いておけないから、しばらく置いてくれないか」といって、祖父母、叔父が自分の両親にそう頼んでいたことがあります。

家族に借金があると、取り立ての人が家に来てしまい、お金がなくても、家の中に少しでもお金になりそうなものがあると、お金に換えるため皆持って行ってしまうのですね。

なので、それを防ぐため、旦那さんに借金がある場合は、奥さんは便宜上籍を抜くこともあり、家族が一緒に暮らせなくなってしまうことも多いのです。

あるいは、佐藤さんにも同様の事情があったのかもしれませんね。

子供の時の貧乏は恥ではない

しかし、子供の時の貧乏というのは、子供本人のせいではないのです。

大人になれば、自分の経済状態は自分自身の責任となりますが、子供の経済状態を管理し、養育をするのは大人の責任です。

なので、家が貧乏であったとしても、子供が恥ずかしく思ったりする必要はないのです。

それは、ただ環境がそういうものだということであって、子供自身のことではないのです。
今はそうでも、未来は十分に変えられます。それを憶えていてほしいのです。

福祉の援助も受けられる

それと、佐藤さんの場合は、福祉の助けを受けなかったのかもしれませんが、環境が生活するのに十分でない場合、子供は国によって保護を受けることができます。

それは憲法で「すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」として、保証されていることなのです。

ですから、必要な際は子供、そしてもちろん、場合によっては大人も、必ず援助や助力が受けられるということを、知っておいてくださいね。

過去は必ず変えられる 希望を持って生きる

そして成人して働くことができるようになれば、必ず経済状態は改善します。
佐藤さんのように「子供の時は貧乏だった」と振り返る過去のものとなります。

ご両親と暮らせなくても、自分が結婚して家族を持つこともできます。過去は変えられるのです。

ですので、今苦しい思いをしている人がいるとしても、もう少し負けないでいてください。そして希望を持って前向きに過ごしてくださいね。

佐藤さんは今お仕事をされていて本当に良かったです。心からエールを送ります。

-未分類, 芸能界

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.