現ナマとは、もともと何のこと? グッドモーニングことば検定 林修先生 - まるまる録

ことば検定 未分類

現ナマとは、もともと何のこと? グッドモーニングことば検定 林修先生

更新日:

おはようございます。まるです。
数日振りの晴天の月曜日、元気を出していきましょう!

今日3月12日は312の語呂合わせで、財布の日なのだそうです。
春に買った財布は「春」と「張る」とで縁起が良いとのこと。

そこで、緑にちなんで、現金のことをいう現ナマとは、もともと何のこと? というのが今日の問題でした。

スポンサーリンク

今日の問題

植物に由来する言葉はどれ?

 青  生ゴメ

 赤  給料

 緑  飛行機 世界一周 トメケン

正解

 赤  の「給料」が正解でした。

緑の不可思議な文字列はというと、これは現ナマではなくて、けん玉の技なのだとか。

解説

「現ナマ」という言葉が広まったのは、1954年のジャン=ギャバン主演の映画「現ナマに手を出すな」依頼だそうですが、実はこの言葉は江戸時代からあるのだそうです。

元々は「生」を「しょう」と読ませ、給料を「現金で支払うこと」の意味だったそうです。
それが、支払うべき現金そのものの意味となっていったのですね。
また、読み方も、「生-しょう」の読みから、訓読みである「生-なま」となりました。

たまには「現ナマ」を、布がピンと張るほどに、春の新しい財布に入れてみたいものです。

それでは皆様も今日もお元気にお過ごしくださいね!

スマホも入る長財布

こちらは男性用。入学や卒業のお祝いに。名前が入れられる財布

クリックで応援よろしくお願いします
にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

-ことば検定, 未分類

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.