「大島てる」全国の事故物件公示サイト 座間9遺体事件のアパート隣人も投稿 - まるまる録

ニュース 未分類

「大島てる」全国の事故物件公示サイト 座間9遺体事件のアパート隣人も投稿

更新日:

座間市の事件では犯人が逮捕されましたが、あんなに怖い事件はありませんでしたね。
もし、借りようと思った部屋が、殺人事件や自殺、死体が置かれたことのある部屋だったら怖いですよね。

そういう部屋や、家のことを「事故物件」と言います。

そして、その事故物件を表示している地図のサイトがあるとか。
さっそく見てみました。

スポンサーリンク

他にはない事故物件の情報提供

炎のマークがあるところが、事故物件です。数は投稿数らしいです。
投稿者が知っている情報を元にこれらを投稿するというサイトなのです。
ですので、中には誤りもあるかもしれませんが、このようなサイトは他にない上、情報収集の手立てがありません。
なので、これから借りようとする部屋を確認したい場合の一つの手掛かりにはなるでしょう。

座間9人殺人事件の物件も

座間市の事件では、同じアパートの人が投稿。
画像に見えている以下のような書き込みをしたのが注目されました。

「自殺サイト絡みの複数の遺体発見xxハイム2階にて事件公になる前から隣の部屋に居住中妙な気配を感じましたところ、しばらくして外部の動きを感じた処警察関係者多く来ておりテレビ報道を見て大変驚いています。即急に引っ越しの手配を進めており皆様もくれぐれもこのような物件には立ち入る事のないように願います」

不快な部分はあえて黒塗りにしてあります。
というのも、このような投稿があったのはもちろん、これが本当に隣人の手によるものかどうかは確かめようがありません。

ですので、投稿があったからといって、それが即正しい情報かどうかはわかりませんが、
そもそも、事故物件というのは、所有者はもちろん、周りの人もそれほど言いたがらないことなのです。

なので、やや不確かではあれ、このような方法で伝わることを手掛かりにする他ないのも実情だろうと思います。

何しろ、賃貸アパート以上に中古住宅を買うなどという場合は、金額が大きくなればなるほど、手掛かり程度でもいいので情報が欲しいことは間違いないのです。

サイトを見て、借りたい物件に炎マークが見当たらない、すなわちその建物には、過去に何も「事故」も起こっていないということだけでも確認できれば、十分安心できるのではないでしょうか。

週刊東洋経済事故物件検索サイト「大島てる」の関連記事。

事故物件サイトを作った男の譲れない使命感

-ニュース, 未分類

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.