カーリング女子が韓国のイチゴの話題から日本品種の流出が話題に - まるまる録

ニュース 未分類

カーリング女子が韓国のイチゴの話題から日本品種の流出が話題に

更新日:

オリンピックでのカーリング女子、銅メダルおめでとうございます。

ハーフタイム、通称もぐもぐタイムに選手が食べていたイチゴ、現地の韓国産だったのですが、それが実は日本から流出した苗だったということに注目が集まっています。

いったいどういうことだったのでしょう。

スポンサーリンク

日本から流出した品種をもとに韓国で交配されたもの

平昌五輪でカーリング女子日本代表の選手が食べて注目された韓国のイチゴについて、斎藤健農林水産相は2日の閣議後会見で、「日本から流出した品種をもとに韓国で交配されたものが主だ」と指摘。日本の優良品種が無断栽培されるのを防ぐために、海外での品種登録などを広げる必要性を訴えた。

そもそもなぜ流出が起こったのか

農水省によると、韓国では2012年までイチゴが品種保護の対象外だった。その間に無断で持ち込まれたほか、契約で認めた生産者以外に栽培されたものもあり、日本の品種が広まった。

何らかの手段で苗を手に入れた、韓国の人が、それを自国に持ち帰って、栽培。さらに交配をしたものが、今の韓国のイチゴであるようです。

被害額は、「日本の輸出機会の損失は最大で年40億円以上 」と言われているので、莫大です。

品種改良には国が補助金を出して、農家さんを支援しているのだそうですが、一方でこういう問題が起こってしまったのは残念です。

ぜひ品種流出に関する取り決めを定めてほしいものですね。

にしても、ハーフタイムのあのイチゴはおいしそうでした。。。
セカンドの鈴木夕湖は「もぐもぐタイムで一番私が好きなのは、イチゴ。韓国のイチゴはびっくりするぐらいおいしくてお気に入りでした」。

いえいえ、元々は日本の「とちおとめ」なのだそうですよ。

韓国イチゴに農水相「日本品種が流出」カーリングで注目

カーリングについて

1チーム4人でプレー。野球の「回」にあたるのが「エンド」で、試合は10エンド。両チームが交互にストーン(石)を放ち、1エンドで両チームが各8投する。リードと呼ばれる選手が1、2投目を放ち、3、4投目がセカンドで、5、6投目はサード。最後の「決め」となる7、8投目を放つのがチームの司令塔でもあるスキップだ。各エンドで、相手よりハウス(円)中心部の近くに石を置けたチームに、その石の数だけ点数が入る。ショットの出来は、投げ手の精度だけでなく、ブラシで氷の表面をこするスイープの度合いによっても左右される。

-ニュース, 未分類

Copyright© まるまる録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.